ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

表参道にイッタラカフェが誕生!

Photo by フィスカースジャパン

フィンランドのライスタイルブランド「イッタラ」が、2021年2月19日(金)、東京表参道に世界初となるカフェ併設店「イッタラ表参道 ストア&カフェ」をオープンしました。

著名な建築家 “隈研吾氏” が内装デザインを手がけた新店舗は、イッタラにとって初めての試みとなる体験型ショップです。

店内には世界初となるイッタラのカフェが併設され、伝統とモダンが融合したスタイルで北欧の食を味わうことができます。

名作・新作・限定品を厳選して紹介

Photo by フィスカースジャパン

イッタラ表参道 ストア&カフェでは、アイコニックな商品はもちろんのこと、レアな製品、特別な限定品などがそろっています。ムーミンシリーズをはじめとするアラビア製品も店頭に並んでいますよ。

また、オープンに合わせ、フィンランドの伝説的なアーティストでデザイナーのオイバ・トイッカ氏がデザインした商品も登場。バード バイ トイッカシリーズ「シエッポ(イエロー・ブルー)」も限定で販売されています。

ティーマシリーズから今年登場した新色リネンは、ほかの国に先駆け日本で先行販売もされています。

そのほかにも、限定のガラス彫刻カルッタや、サスティナブルを体現した100%リサイクルガラス素材で作りだしたイッタラのコレクションなどが続々と発売される予定です。

北欧の雰囲気と美意識を体験

Photo by フィスカースジャパン

店内に入ると、北欧の雰囲気がお出迎えしてくれます。フィンランドの自然を映し出した映像や、この店のために考案されたユニークなガラスの照明。そしてイッタラガラス工場で使われているガラス製品を製造するための木型など、見ているだけでワクワクしてしまうものばかりです。

壁のデザインは、フィンランドの森をイメージ。壁とカウンターには、一部がコーヒー豆からできた、新しく革新的なリサイクル素材「SOLIDO typeE」が使用されていますよ。

カフェ側には、千鳥格子の技術が採用されており、日本の伝統工芸と自然に対する敬意が表現されています。

伝統とモダンが融合されたカフェ

Photo by フィスカースジャパン

世界初となる店内に併設されたカフェでは、本場さながらの味と暮らしが体感できます。店内は伝統とモダンが融合し、調和された北欧インテリアが心地よい空間。

カフェメニューは、シンプルさと北欧らしい食材にこだわっています。

フィンランド人のソウルフードでもあるシナモンロールや、 エッグバターを添えた伝統的なカレリアパイなどを、一杯のコーヒーと共に楽しむことができますよ。

デザインやフードすべてで北欧気分を味わえる。

世界初となるカフェコーナーでは、フィンランドのソウルフードやインテリアで存分に北欧の雰囲気が味わえます。隈研吾氏がデザインした店内も、魅力のひとつです。

ここでしか手に入らない限定の商品も販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

店舗概要

Photos:4枚
おさらなど食器がたくさん置いてあるイッタラカフェの店内
棚の上にガラスでできた花瓶がたくさん置いてある
テーブルやソファーが置いてあるイッタラカフェの店内
おさらの上にシナモンロールがのって置いてある
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS