高知「おちゃくりcafe」は絶景とスイーツが楽しめる山カフェ

高知市内から2時間ほどの四万十、十和の山奥に、何やら強烈にお洒落なカフェを発見しました。「道の駅とおわ」に併設される、『おちゃくりカフェ』。人気のスイーツ「しまんと地栗モンブラン」や、うなぎや定食と共に絶景を楽しめる贅沢カフェでした。

高知の山奥に贅沢なカフェを発見

なんですかここは。

山奥に強烈にイケてるカフェがある

「おちゃくりカフェ」。なんだかそそる名前じゃあないですか。外観も見ての通り美しく、後ろの山を見なければ、豊洲あたりにあるオシャレなカフェに見えてきます。
が!ここは思いっきり山奥なんです。高知市内からは2時間ほど、四万十は「十和」と言われる地域に位置します。これまたイケてる「道の駅とおわ」に併設されているカフェなのです。見ての通り、周辺には割と本当に何もないです。
運営しているのは地域活性化文脈では有名な「四万十ドラマ」。山の中から独自の商品を開発・販売し、「しまんと地栗モンブラン」は1ヶ月で3000個を完売する驚異の売れ行きを誇っています。うまいですよ〜。
前置きが長くなりましたが、「おちゃくりカフェ」はそんな四万十ドラマの自慢の商品を、絶景を臨みながら楽しむことができる贅沢スポット。地栗モンブランを始め、さまざまな栗スイーツが販売されています。
シュークリームとコーヒーを注文。
軽く仕事をしていたのですが、もはや仕事になりません。絶景!
シュークリームも嬉しそうです。
冬は寒いですがテラス席もあります。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS