4. 材料を煮込む

Photo by anrichiko

じゃがいもとかぶを上にのせ、ルウのパッケージに記載されている水の量を鍋に入れます。ベジブロスも入れて蓋をし、加熱します。沸騰したら弱火にして、じゃがいもがやわらかくなるまで15分ほど煮てください。

5. 調味料を加える

Photo by anrichiko

一旦、火を止めてからベジブロスを取り出し、さやえんどうと市販のルウを加えます。

Photo by anrichiko

溶けにくい酒粕は、別容器に入れ、煮汁で溶かしてから加えます。

Photo by anrichiko

最後に隠し味の醤油を入れ、5分ほど弱火で煮込んだら完成です♪

煮崩れしにくいじゃがいもの種類は?

Photo by anrichiko

この記事では、煮崩れしないコツをお伝えしましたが、煮崩れしにくいじゃがいもを使うのもひとつの手ですよ。煮崩れしにくい種類は「メークイン」「インカのめざめ」「インカのひとみ」です。逆に煮崩れしやすいものには「きたあかり」があります。

「メークイン」や「インカのめざめ」は、カレーやシチュー、肉じゃがなどの煮込み料理におすすめ。「きたあかり」はポテトサラダ、コロッケ向きです。料理の用途によって種類を使いわけるといいですね。

絶品「ほくほくじゃがいものクリームシチュー」を作ろう!

この記事で紹介したじゃがいものクリームシチューは、牛乳を使わなくても、酒粕と醤油で旨コクの仕上がりになりますよ。じゃがいもが煮崩れしないコツは、水にさらすことと、水から煮込むことです。

また、野菜を切ったときに出る野菜の切れ端も、ベジブロスとして有効活用してみてくださいね。野菜ダシのおいしさにびっくりしますよ。

編集部のおすすめ