管理栄養士のコメント

チョコレートとココアの原料であるカカオには、カカオポリフェノールという成分が含まれています。カカオポリフェノールには血管を広げ、血圧を下げるはたらきがあります。また、活性酸素が引き起こすトラブルを対策し肌の健康を保つ作用が期待できます。

ミルクチョコレートや調整ココアは、糖質や脂質が多く含まれているものもあるので、食べ過ぎ・使いすぎには注意してくださいね。(※2)

ヘルシーなガトーショコラのレシピ3選

1. ヨーグルトで♪ ヘルシーガトーショコラ

バター不使用、ヨーグルト入りのガトーショコラです。無塩バターは100gあたり763kcalですが、無糖ヨーグルトは62kcal。バターを減らせば、大幅にカロリーを抑えられます。小麦粉不使用で、軽い口あたりが楽しめるひと品です。(※3,4)

2. 食物繊維たっぷり。おからガトーショコラ

おからを使うガトーショコラのレシピです。薄力粉の代わりに全粒粉を使用。材料を混ぜるだけで簡単に作れるのもうれしいですね。

全粒粉とおからには、食物繊維が豊富に含まれます。食物繊維は胃や腸で水分を吸収、膨張するため、満腹感を得るのに役立ちますよ。(※5)

3. しっとりおいしい!バナナガトーショコラ

チョコレート不使用でカロリー控えめの、ガトーショコラ。バナナをたっぷり加えるので、砂糖控えめチョコレートなしでも、しっとりとした食感のガトーショコラになります。黒くなってしまったバナナの消費にぴったりなレシピです。

ガトーショコラをカロリー控えめでおいしく!

Photo by 上原 花菜

しっかり食べ応えがあるのに、カロリー控えめなガトーショコラの作り方をご紹介しました。ココアの風味豊かで、豆腐の味や香りはほとんど気になりません。濃厚でリッチな味わいは、プレゼントやおもてなしにもおすすめですよ。

ヘルシーなのはもちろん、コスパのよい豆腐をたっぷり使い、お財布にやさしいのもうれしいポイントです。混ぜるだけで簡単に作れるので、スイーツ作り初心者の方も気軽にチャレンジしてみてくださいね!
【参考文献】
(2021/02/01参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ