女性は必見!「ナッツのはちみつ漬け」レシピ&効果効能

「ナッツのはちみつ漬け」は、各メディアで取り上げられ美容効果が高いということで話題となりました。今回は、そんなナッツのはちみつ漬けのレシピやおすすめの食べ方、期待できる美容効果などまとめてご紹介します。

美容効果に驚愕!「ナッツのはちみつ漬け」

人気モデルや有名人などがハマっているという「ナッツのはちみつ漬け」。さまざまなメディアからも取り上げられ、美容効果が期待できるとして知られています。

今回は、そんな一石二鳥な「ナッツのはちみつ漬け」の効果や作り方、アレンジレシピなどをまとめてご紹介します。普段の生活に取り入れやすいので、気になった方はぜひトライしてみてくださいね。

はちみつとナッツ類の美容効果

はちみつ

はちみつは肌の健康に必要な、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどをたくさん含んでいます。近年、美容成分としても注目され、はちみつを使った化粧品を見かけることも多いですよね。

なかでもミネラルのひとつである「亜鉛」は、新陳代謝を活性化させる働きがあり、肌の生まれ変わりを促すことにより、新しくきれいな肌を保つのに効果的なんです。

アーモンド

アーモンドに含まれる「ビタミンE」には、強い抗酸化作用が認められています。お肌の天敵であるシミやたるみなどは、体内で生成される「活性酸素」という物質が原因のひとつとなっているのですが、ビタミンEはこの活性酸素を除去する働きがあるんです。

また、食物繊維が豊富なアーモンドを食べることにより、腸内環境を整えて便秘対策にもつながるため、体の内側から"きれい"をサポートしてくれます。

カシューナッツ

カシューナッツには、「オレイン酸」や「鉄」、「銅」といった栄養素が豊富に含まれています。オレイン酸は小腸で吸収されにくく、直接大腸を刺激して動きを活発にする働きがあります。その結果、便秘対策につながるんですよ。

鉄は、赤血球内のヘモグロビンを生成する材料となるので、貧血対策に効果的です。銅は、鉄がヘモグロビンとなる際のサポート係を担っているため、同じく貧血にお悩みの方は積極的に摂ってほしい栄養素ですね。

直接肌に作用するわけではありませんが、便秘や貧血といった体の不調は肌にも影響を与えかねないので、日頃から対策しておくことが大切です。

マカダミアナッツ

マカダミアナッツに含まれるパルミトオレイン酸は、皮脂を生成するための材料となり、肌のバリア機能を高め、乾燥から肌を守る効果が期待できます。加齢によって体内のパルミトオレイン酸は減少してしまうので、意識して摂取するようにしましょう。

ピーナッツ

上でもご紹介した「ビタミンE」は、ピーナッツにも豊富に含まれています。肌(細胞)の老化や、シミなどの原因になる活性酸素を、ビタミンEによって体内から除去し、美しい肌を維持したいですね。

くるみ

くるみに含まれる「オメガ3脂肪酸」には、血行を良くする作用があります。そのことにより、肌に張り巡らされている毛細血管の流れが良くなり、肌の調子を整えるほか、肌トラブルの対策に効果的です。

ナッツのはちみつ漬けの作り方

器に入ったナッツと瓶に入ったナッツのはちみつ漬け

Photo by Shutterstock

材料(作りやすい分量)

・ナッツ(クルミ、アーモンドなどお好みのもの)……60g
・はちみつ……適量(ナッツが浸る程度)

作り方

1. お好みのナッツを、160℃のオーブンで8~10分焼きます。(すでにローストされている場合も、加熱し直すのがおすすめ)

2. ナッツを瓶に入れて、全体に浸る量のハチミツを加え、2〜3日程度置いたら完成です。

作るときのポイント

特集

SPECIAL CONTENTS