ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

コーヒーメーカーを選ぶ際の基本ポイント

コーヒーメーカーは、種類が豊富で機能性もさまざま。4,000円前後で購入できるものから、10万円以上するものまで価格帯も幅広いです。

「購入したけどあまり使わなくなった……」なんてことがないように、用途や好みを絞ってから製品を選びましょう。まずはコーヒーメーカーを購入する前に知っておきたい、選び方のポイントを簡単に解説します。

3タイプから好みの抽出法を選ぶ

ドリップ式

専用ペーパーやメッシュフィルターで、コーヒーの粉に熱湯を注ぎながら、ろ過して淹れる方法を用いています。価格が安く、もっともポピュラーなコーヒーメーカーです。手軽にコーヒーメーカーを取り入れたい方におすすめですよ。

エスプレッソマシン

極細挽きしたコーヒーの粉に高圧をかけながら、熱湯で瞬時に抽出します。ほかのタイプと比べて、高価な製品が多いのが特徴ですが、その分本格的なコーヒーが楽しめますよ。コーヒーの香りや味わいにこだわり方に最適です。

カプセル・カフェポッド式

コーヒーの粉を真空パックしたカプセルや、カフェポッドを使用する方法を用いています。フィルターが1個ずつ付いており、淹れ終わったら捨てるだけと手軽なのが魅力。1万円前後で販売されいる、バランスのいいタイプです。

人数にあわせた給水タンクの容量で選ぶ

コーヒーメーカーに備わっている給水タンクの容量も、製品を選ぶうえでチェックしておきたい大切なポイントです。ひとり暮らしや夫婦ふたりだけの少人数家庭なのか、家族が多かったり人がよく集まったりするかを考慮。コーヒーを飲む人数にあわせた、タンク容量の機種を選ぶ必要があります。

取り外しできて手入れしやすい製品を選ぶ

毎日使うコーヒーメーカーなので簡単に手入れでき、清潔に保てるかどうかもチェックしましょう。付属のメッシュフィルターはもちろんのこと、それを受けるバスケットや、ケースが取り外せて洗えるものを選んでください。給水タンクが着脱可能で、丸洗いできる製品ならさらにベストです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS