お酒売り場が2倍に!フードペアリングバーも併設

Photo by 横浜髙島屋

今回のリニューアルオープンに合わせ、和洋酒売り場の面積がなんと約2倍に……!「日本酒」「蒸留酒」「ワイン」「フードペアリングバー」「レ・カーヴ・ド・タイユヴァン」の5つのゾーンに分け、それぞれのニーズに応えた品揃えになっています。

BAY-ya(ベイヤ)

Photo by 横浜髙島屋

酒ソムリエ 赤星慶太氏が監修するフードペアリングバー。時間帯によって変わる客層に合わせて、お酒にあう料理はもちろん、出汁かけごはんやデザートまで豊富なメニューが味わえます。
なんと、今回食品業界初となるAI技術を使った香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を導入。香りと味わいを組み合わせた約40種類の日本酒と料理のペアリングを楽しめます。

レ・カーヴ・ド・タイユヴァン 横浜

フランス・パリの有名レストラン「タイユヴァン」が厳選したワインが並んだショップ。ボルドーやブルゴーニュにとどまらず、ロワールやローヌ地方といった日本ではまだ多く紹介されていない産地のワインまでラインナップしています。

グラスワイン1杯から気軽に試すことができるテイスティングカウンター(有料)も!名門レストランのエスプリを堪能できる贅沢な時間になりそう。

米糠専門店「RICE BRAN OIL(ライス ブラン オイル)」もオープン

Photo by 横浜髙島屋

創業117年、老舗米卸が手がけるオイルブランド「RICE BRAN OIL(ライス ブラン オイル)」が百貨店初登場。お米の栄養の8割が含まれているという「米糠」を独自の技術で加工する米糠専門店です。

米糠を粉状に加工した「飲める米糠」や、精米直後の米糠を圧縮してできた希少「米油」も販売。米糠をさまざまな形で味わえます。

Photo by china0515

米糠10gを使用して作られた「米ぬかクッキー」。ザクザクと食感のいいほんのりとした甘さのクッキーに仕上がっています。米糠が初めての人でも取り入れやすい商品になっています♪

COFFEE BEANS Cle de YOKOHAMA(コーヒービーンズ クレ ド ヨコハマ)

横浜駅近くのオフィスワーカーのニーズに応え、キーコーヒーが地元・横浜に根ざした、新しいブランドを展開。全45種類の豆が並ぶほか、近年のトレンドでもあるオーガニック豆や農園限定の豆もまで豊富なラインナップになっています。

テイクアウトコーナーのコーヒーは店頭で販売しているすべての豆から選んでハンドドリップで提供してくれます。

TWG Tea

シンガポールのラグジュアリーティーブランド「TWG Tea」が横浜駅周辺エリアに初出店。本格茶葉約40種を缶入り、ティーバッグ、量り売りで販売しているので、自分に合った形で楽しめます。
Photos:26枚
Foodies'Port2(フーディーズポート 2)イメージ
横浜髙島屋のキャラマーのキャラマーサンド
横浜髙島屋のザマスターのラムレーズンバターケーキ
横浜髙島屋のザマスターのラムレーズンクッキー
横浜髙島屋のフルーーツ!のコットンティー
横浜髙島屋のパイ314の香るパイ2種
横浜髙島屋のパイ314のシナモン香るザクザクバターパイ
横浜髙島屋のショブレのショブレスティック
横浜髙島屋のポ・ド・フロマージュ
横浜髙島屋の横濱チーズ香る洋菓子店のタルト・フロマージュ
横浜髙島屋の横濱チーズ香る洋菓子店のガレット・オ・フロマージュ
横浜髙島屋のバターズのクラフトバターケーキ
横浜髙島屋の京都洋菓子工房 KINEEL(キニール)のルフル
横浜髙島屋の京都洋菓子工房 KINEEL(キニール)のanフィナンシェ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ