3. カブといくらのカルパッチョ

シンプルな味付けと大葉の風味を効かせることで、意外と見落としがちな調味料からのカロリーも抑えられるレシピです。やさしい味わいのカブと、いくらの塩気がよく合います。粉チーズを加えることで洋風に仕上がりますよ。

丼や軍艦だけじゃない!ダイエット中のいくらレシピを工夫しよう

いくらには、DHAやEPAといった脂質や、強い抗酸化作用をもつアスタキサンチンなど、体にうれしい栄養が豊富に含まれています。

ダイエット中にいくらを食べる際は、ほかの食材と調理した「おかず」にして、ご飯を添えて食べる工夫をしましょう。そうすることで食べ過ぎを防いだり、ご飯の量を抑えたりすることができ、栄養バランスが良くなります。

痛風の症状が出ている方は、食べ過ぎに注意してくださいね。
【参考文献】
(2020/12/07参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS