すぐに食べられる食品を用意しておく

冷蔵庫には、めかぶや納豆、もずくや豆腐などの加工食品を常備しておきます。小鉢に入れ替えて薬味をのせればいいですし、味噌汁の具にしたり、ほかの食材とのアレンジもしやすいので、とても便利!これらは我が家のオールスター食品です。

生野菜と出来合いのお惣菜に頼る

もう火も使いたくない……、そんなときはきゅうりやトマトを切るだけでもいいと思います。サラダにして食べたり、上で紹介した「すぐに食べられる食品」のもずくをかけて即席酢の物として食べたりしています。

あとは、出来合いのお惣菜に頼りますね(笑)。本日紹介したおさしみもそうですが、煮物や和え物など、おいしいお惣菜はスーパーやコンビニなどでも購入できますから。毎日の食事なので自分で無理しないと言い聞かせています。どのスーパーのお惣菜がおいしいかを巡って楽しむこともしているので、疲れた日は、「今日はあそこで購入しよう!」と即決するのにも役立っています。

だるい日も自分流のルーティンで乗り切る

Photo by macaroni

「今日の夜ご飯は何作ろう……」と、レシピが溢れる世の中でもこの悩みは尽きませんよね。家事や子育てをしながら働いている人は、考える時間もないと思います。

忙しく過ごす日々で、自分流のルーティンを作れば毎日のご飯作りはもっと楽に楽しくなるはずです。日々のご飯は気負わず手を抜きながら、ときには時間をかけてつくる料理とメリハリつけて食を楽しめるといいですね。
家族構成や、食の好みによっても左右される「だるい日ごはん」。手間をかけずにつくる工夫や愛用の調味料なども登場しています。過去の連載記事はこちらからご覧ください。
写真・文/大河内 美弥(macaroni編集部)
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS