ライター : くりたまき

ライター

写真が好きなライター。2020年、長崎県にある焼きものの生産地・波佐見町へ引っ越し、波佐見焼や波佐見町の魅力を発信するWEBメディア『Hasami Life』の運営に携わる。

書いたひと

くりた まき

写真が好きなライター。長崎県にある焼きものの生産地・波佐見町に2020年引っ越し、波佐見焼や波佐見町の魅力を発信するWEBメディア『Hasami Life』の運営に携わる。うつわになにを盛ろう、と妄想するのが好き。

ごはん茶碗は、自由。

人には誰にでも、MYごはん茶碗がある。そうですよね? 家族で一緒に暮らしてても、それぞれのごはん茶碗は決まっていませんか? でもこれって洋食器ではあまりない考え方なんですって。

自分だけのごはん茶碗。それって、どう選んだらいいのでしょう? 新米の時期が近づくにつれ、そんなことを考えるようになりました。

Photo by くりたまき

焼きものの産地である波佐見町で暮らしはじめて、いろいろな窯元さんのつくるごはん茶碗を見て、その多様さに悩み……そしてわかったんです。

ごはん茶碗は、自由だ」


そう気づいたのは、ある窯元さんでこんな質問をしたとき。

 ーーどんなことを考えて、このごはん茶碗をデザインしたのですか?

「そもそも、このうつわはごはん茶碗としても使えるけど、それだけじゃないんです。小鉢のようにして使ったっていいし、それは使う人の自由ですよ」

さらりとこう言われたのです。

たしかに、ごはん茶碗にはこれといった定義はありません。小鉢だって丼だって、ごはん茶碗になれる可能性がある。いろんなものがあったほうが、選ぶ楽しみもあります。仮にごはん茶碗として売られていなくても、自由に選んでいいのです。

そう考えるようになって、うつわにごはんを盛るのが楽しくなりました。

Photo by くりたまき

ごはん茶碗に必要な機能って?

選ぶ楽しみがあるとはいえ、たくさん選択肢があると迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。選び方の参考になるように、ここで、わたしが個人的に思う「ごはん茶碗に必要な機能」を整理してみます。

①ある程度の深さがあること
ごはんがきちんと碗におさまり、こぼれることを防ぎます。真っ平らなお皿では箸でごはん粒をキャッチしにくいですよね。深さがあることで保温性も高まります。

②高台(うつわの底の台)がついていること
ごはんも汁物も、日本ではうつわを手に持ちますよね。高台がないと持ちにくく、中身の熱さをダイレクトに感じてしまいます。洋食器のボウルだとこの高台がないため、ごはん茶碗としては使いづらいんです。

③口当たりがいいこと
人にもよりますが、ごはんをかきこんだりお茶漬けを食べたりするときには、うつわの縁に口をつけます。よって縁が波打ってるようなものは向きません。

④丈夫であること

日常使いのうつわとして大事なポイントです。ごはん茶碗は毎日のように使って、洗って、を繰り返すので、あまり繊細すぎては困ります。

ごはん茶碗におすすめな波佐見焼4選

では、わたしが実際に使ったことのある波佐見焼から、4点おすすめします。

essence of life/es rice bowl

Photo by くりたまき

Photo by くりたまき

まずはスタンダードな「essence of life(エッセンス オブ ライフ)」のごはん茶碗。しっかりと高台に指が引っかかり、持ちやすいです。シンプルかつ洗練されたフォルムが手持ちの食器にもなじみやすいはず。釉薬の色や柄のバリエーションも12種類あって、家族で色違いを使うのもおすすめです。

Common/飯碗

Photo by くりたまき

Photo by くりたまき

シンプルなごはん茶碗を、もうひとつ。無印良品のインハウスデザイナーとして活躍し、独立後も幅広いプロダクトを手がける角田陽太さんによるデザインです。沖縄の焼きものからインスピレーションを受けているこのごはん茶碗、高台が広くて安定感があります。「Common(コモン)」は洋食器などのテーブルウェアが充実していて、新しく食器を揃えたい人におすすめ。セットで使える汁椀もあるので、揃えてみては?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS