ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

記事を書いたのはこの人

macaroni 編集部 企画ディレクター / といちゃん
元パティシエのmacaroni2年目ディレクター。丁寧な暮らしに憧れているが、実際のところはほど遠く、自分を甘やかした自由気ままな生活を送っている。ひとりで過ごすおうち時間に限界を感じ、料理の趣味を作ろうと模索中。韓国ドラマと猫が大好きで、早寝早起きが苦手。

だるい日は “丼” にまかせる

私のだるい日ご飯は、とにかく「早い・うまい」が肝心。キッチンに立つ時間を、いかに短くするかが勝負になります。そんな日は、新しく知ったレシピに挑戦したり、久しぶりに作る料理はNG。絶対にこれはおいしく作れるとわかっているものしか作りません。

新しいレシピに挑戦するのは、週末かパワーが余っている平日。そこでおいしく作れたメニューのなかで、簡単に作れるレシピが “だるい日” ごはんの仲間入りを果たします。

だるい日ごはんのなかでも、特に作る頻度の高いメニューが「丼」!ごはんの上におかずをのせただけで、なんとなく “きちんと作った感” が出るんですよね〜。

1. とある日の「だるい日」ごはん

Photo by macaroni

私、韓国料理が大好きなんです。仕事終わりに韓国ドラマを見ながら韓国料理を食べる時間は、なににも変えられない至福のとき。この日はレンジを使った簡単「ビビンバ」を作りました!(いつもはもっと適当な盛り付けです。)韓国海苔のスープを添えれば、ちょっぴり満足感がアップ。

今回はごはんの上にのせましたが、うどんやそうめんにのせる日もあります。

Photo by macaroni

具だくさんなので一見面倒に見えますが、お肉も野菜もレンジで加熱すればOK!牛肉は高いので、私はコスパのいい鶏ひき肉を使用しています。お肉は味噌とラー油、野菜はごま油と鶏ガラスープの素をふりかけ、あとはレンジにおまかせ。

その間にキムチとネギ、卵黄を用意し、それっぽく盛りつければ完成です。(笑)

2. とある日の「だるい日」ごはん

Photo by macaroni

こちらもレンジで完結するひと品、材料2つの天津飯です。具材は卵とカニカマのみ。簡単なうえにコスパもいいので、ついついお金を使いすぎてしまった月の登場率が高めです。(笑)

野菜を食べないのは気が引けるので、ギリギリ野菜と呼べるであろう「キムチ」を添えました。キムチって本当に便利な食べ物ですね……。

Photo by macaroni

この天津飯で大切なのが、レンジでの加熱具合!加熱時間が長すぎると卵が硬くなってしまい、悲しい結末に。いつも適当に加熱するのですが、だいたい3分くらいでできると思います。

天津飯で肝心な餡は、中華スープと片栗粉、醤油を合わせて、お湯を注いで混ぜたら完成。かなりズボラな作り方ですが、しっかり餡風になるんです。

3. とある日の「だるい日」ごはん

Photo by macaroni

究極のだるい日ごはん「味たま丼」です。あらかじめ味玉を作成しておかないといけないのですが、これ1つでごはんのおかずになるので、かなり便利。ゆで卵は、割ったときに黄身が出てくるか出てこないか、くらいの硬さが好きです。

以下の記事でゆで卵の作り方を詳しく紹介しているので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

Photo by macaroni

ごはんに合うように、ラー油やごま油、ブラックペッパー、醤油などで結構濃いめに味付けをしています。分量は適当です!ごはんのおかずだけでなく、お酒を飲む日のおつまみにすることもありますね。

いつも同じような味付けになっているので、今度は新しい味付けに挑戦してみようと思います〜。

だるい日こそ、おいしいごはんで元気をチャージ

だるい日は、自分の好きなものを食べる。そう決めて、簡単ごはんレシピのストックを作るようにしています。ひとり暮らしをしているので、正直ほかの人と比べると、毎日がだるい日ごはんみたいなものなんですが……(笑)

いつか家族ができたときにも活躍してくれる、そんなレシピをこれからも発見していきたいと思います!

編集部がご紹介する「だるい日ごはん」はほかにもたくさん。ぜひチェックしてみてください♪
写真・文/樋田 由香(macaroni編集部)
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS