ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おしゃれ&おいしいグルメ情報を発信します。

ステンレス包丁の特徴

ステンレス包丁のメリットは、鋼で作られた包丁と比べて錆びにくく、簡単なお手入れで長年使い続けられるところです。研ぎやすいので、切れ味が失われても復活させやすいこともポイント。

デメリットは、鋼包丁よりも切れ味が落ちてしまう点です。

ステンレス包丁の選び方

ステンレスの種類

「モリブデンバナジウム鋼」は、ステンレス包丁に使われる素材のなかで、もっともスタンダードな種類です。切れ味や研ぎやすさに優れていて扱いやすく、細かい作業が苦手な方でも楽に使いこなせます。

「V金10号」はプロの間で評価の高い、ステンレスの種類です。錆びにくく切れ味やもちの良さは鋼に負けないほど。「銀三鋼」と呼ばれるステンレスも、V金10号と並び評価の高い種類ですよ。

サイズ

包丁は大きすぎると扱いにくく、小さすぎると力が入りづらくなってしまいます。そのためステンレス包丁は、全長25~30cmのタイプがおすすめです。

現在使っている包丁のなかで、手にフィットして使いやすいものがあれば、その包丁を基準にサイズを選ぶのもいいでしょう。

重量

「軽いと扱いやすいのでは?」と思われがちですが、硬い食材を切るときに力がうまく包丁にのらないので、切りにくさを感じる可能性があります。200g~300gを目安に、サイズを考慮しつつ選びましょう。

衛生面を気にするなら「オールステンレス」

ステンレス包丁のなかには、柄の部分が木製になっているタイプもあります。しかし異素材が使われていると、境目に汚れがたまりやすく、錆びる原因になることも。

柄の部分までオールステンレスであれば、溝がないので水分や汚れがたまる心配がなく、清潔な状態を保てます。

ステンレス包丁のおすすめ6選

1. ヘンケルス「ロストフライ スターターセット」

ITEM

ヘンケルス「ロストフライ スターターセット」10055-002-0

¥5,500

材質:ダマスカス サイズ:全長30cm/刃渡り23cm ラインアップ:小三徳、牛刀

※2020年10月2日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS