ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

スイカがチップスになって登場!

Photo by muccinpurin

2018年5月の日本初上陸以来、夏だけでなく秋冬もスイカloverの心を潤してきた「チャバ 果汁100%ウォーターメロンジュース」シリーズから、「ウォーターメロンドライチップス」が発売されました。

2019年あたりからじわじわとスイカブームが到来し、そのブームの火付け役となったチャバが作る、まさに “食べるスイカ” 的なチップスの味わいをレポートします。スイカ好きさん必見ですよ!

CHABAA(チャバ)ウォーターメロンドライチップス

Photo by muccinpurin

「CHABAA ウォーターメロンドライチップス」198円(税別)
本来ドライフルーツやチップスにされるフルーツは水分が少ないものが選ばれますが、スイカに限ってはかなり水分が多いフルーツ……。スイカがチップスになることでどんなビジュアルになるか、気になりますよね。

砂糖、香料、着色料不使用

Photo by muccinpurin

世界でも有数の生産国として知られるトルコ産の完熟スイカを厳選し、丁寧にスライス。その後、独自の製法でチップスに加工しているそう。

砂糖、香料、着色料不使用で、スイカそのものの味が楽しめるというわけです。余計なものが使われていないので安心して食べられますね。

スイカの果肉だけでなく、皮や種の部分も一緒にドライになっている模様。おそらく種を見つけない限り、スイカをチップスにしたものだとは気づきません。

Photo by muccinpurin

一枚つまんでみると、ご覧の通り。皮の部分はややしっとり、口に含むとスイカの香りが一瞬にして広がります。噛み続けると口の中の水分と合わさって、フレッシュなスイカの味に近づいていくのがなんだかとても不思議な感覚です。

赤い果肉の部分は比較的パリパリ。種の部分はやや固い食感ですが、かみ砕くとなんなく飲み込むことができます。チップスとはいえ、もともと水分が多いスイカを使っているので、しっとりとしたドライフルーツに近いかもしれません。

ドライになっていることでスイカの甘みがぎゅっと凝縮していて、フレッシュのスイカよりも青臭さがないのが印象的でした。スイカが苦手な人の多くは独特の青臭さが理由と聞きますが、チップスなら違和感なく食べられそうです!

湿気に要注意!

ウォーターメロンドライチップスは薄くスライスしたスイカを使っているので、すぐに湿気を吸ってしまいます。特に夏の時期は湿度が高いので、開封後はなるべく早く食べ切るのがよさそうです。

チップスをアレンジして夏のスイーツが充実!

そのままでも充分おいしいウォーターメロンドライチップスですが、アイデアしだいでアレンジ無限大!今回は2種の簡単アレンジをご紹介します。

ウォーターメロンジュースにトッピング

Photo by muccinpurin

まずは、チャバのおすすめだというウォーターメロンジュースへのトッピングを試してみました。

チップスは薄く、ジュースの中に沈んでしまうので、見た目を重視するなら氷を多めに入れてその上にチップスをのせるといいですよ。

Photo by muccinpurin

薄いウォーターメロンチップスはジュースで簡単にふやけます。ウォーターメロンジュースを吸ったドライチップスは、まさにスイカそのもの!ただ、一度ドライにしてあるのでシャキシャキした生のスイカとは違った食感が味わえます。

ミントを多めに入れれば、さわやかなモヒート風ドリンクに早変わり。赤色に緑色のミントがよく映えます。グラスのフチに塩を付ければ、まるでカクテルのようなおしゃれなドリンクにもアレンジできますよ。
Photos:9枚
ウォーターメロンジュース とウォーターメロンドライチップス
CHABAA ウォーターメロンドライチップスのパッケージ
スイカチップスが入った器
指でつまんだウォーターメロンチップス
ウォーターメロンドライチップスを浮かべたウォーターメロンジュース
ウォーターメロンドライチップスを浮かべたウォーターメロンジュース
ウォーターメロンドライチップスをのせたシャーベットをすくう様子
ウォーターメロンジュース 、ウォーターメロンジュース
ウォーターメロンドライチップスを浮かべたウォーターメロンジュース
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS