ライター : FOODIE

三越伊勢丹グループが運営する食のメディア

「FOODIE(フーディー)」は、三越伊勢丹が運営する食メディア。季節の食べ物や注目のスイーツ、使い続けたいキッチングッズ、食器など、あなたのライフスタイルを彩る、あらゆる食情報…もっとみる

この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。
もうすぐお盆シーズン。でも、今年の夏は帰省せずに自宅で過ごすという方も多いのではないでしょうか。そこで、離れて暮らす家族やなかなか会えない友人に、気の利いたギフトでご挨拶してみませんか。

今回は、多彩なアイテムが揃うオンラインギフトブティック「MOO:D MARK(ムードマーク)」から、親しい人への贈り物にぴったりなスイーツ5品をご紹介。1,000〜2,000円で気兼ねなく贈れ、でも気持ちの伝わるプチギフトを厳選しました。

<アニバーサリー>ドライフルーツが彩る定番パウンドケーキ

<アニバーサリー>英国風パウンド(1本)1,080円(税込) ※販売期間:通年
青山に本店を構える洋菓子店<アニバーサリー>。創業当時からある定番パウンドケーキは、手頃な価格ながら特別感があって贈り物にもぴったりで、トップを飾るあんず、いちじく、アーモンドスライスのトッピングとフォンダンがワクワク感を掻き立てます。

ドライフルーツ入りの生地はしっとりとした食感。ケーキの表面はアプリコットジャムでコーティングされており、ひと口ごとに爽やかな酸味が楽しめます。「英国風」にならい、紅茶と一緒に優雅に味わってほしいひと品です。

<フクレ>押し花のような装飾が美しいココナッツサブレ

<フクレ>フラワーシャワー 7枚入 1,572円(税込) ※販売期間:通年
鹿児島発の洋菓子ブランド<フクレ>からは、華やかなルックスのサブレをご紹介。サクサクのココナッツサブレに、本物のクローバーや小花、ハーブが押し花のようにあしらわれ、どれから食べようか迷ってしまうほどの美しさです。

手作業で装飾しているため1枚1枚表情が異なる繊細で美しいサブレは、お母さんをはじめ、女性の心を掴むこと間違いなし! 四つ葉のクローバーが幸せも届けてくれそうな、特別なプチギフトです。

<フィーカ>スタイリッシュなパッケージも魅力。人気のクッキー3種

<フィーカ>クッキーアソートA(ドロンマル(プレーン)、ココスカーコル×各7枚、ハッロングロットル(ストロベリー×5枚))1,620円(税込) ※販売期間:通年
伊勢丹オリジナルの北欧菓子専門店<フィーカ>。人気のクッキーアソートは、スタイリッシュなパッケージがおしゃれ心をくすぐります。

バターたっぷりの生地にストロベリージャムを詰めて焼きあげた「ハッロングロットル」、小さなメロンパンのようなフォルムのプレーンクッキー「ドロンマル」、ココナッツミルクパウダー入りの生地に、さらにココナッツをまぶして焼き上げた「ココスカーコル」の3種の詰め合わせ。

風味豊かで温かみのある味わいのクッキーは、老若男女問わず喜ばれること請け合いです。

<とらや>伝統の味をカジュアルに。手軽なサイズの羊羹詰め合わせ

<とらや>小形羊羹 5本入(夜の梅、おもかげ、新緑、はちみつ、紅茶×各1本 各50g)1,620円(税込) ※販売期間:通年
絶対外さないギフトを選びたいなら、老舗和菓子屋<とらや>がおすすめ。伝統の技が光る羊羹を手軽な形で仕上げた「小形羊羹」の詰め合わせなら、名店の味をカジュアルに贈ることができます。

ブランドを代表する「夜の梅(小倉)」をはじめ、コクのある「おもかげ(黒砂糖)」、心地よい苦味の「新緑(抹茶)」、小形羊羹限定の味のリッチな甘さの「はちみつ」、香り豊かな「紅茶」の5種をセットに。コンパクトながら代表的な味からオリジナリティあふれる味わいまで楽しめる、満足感の高いギフトです。

<紫野和久傳>淡いピンク色が可憐。和三盆の甘みが上品な干菓子

<紫野和久傳>紅 くれない(12個入)1,080円(税込) ※販売期間:通年
京都の老舗料亭<和久傳>が手掛ける手土産ブランド<紫野和久傳>からは、淡いピンク色が可憐な干菓子をセレクト。天然の紅花で染色された落雁は、舌の上で繊細に溶け、和三盆のやさしい甘みが広がります。

日持ちするので、お茶のお供に少しずつ楽しめるのもうれしいポイント。緑茶はもちろん、紅茶やコーヒーとも相性のいい上品な和菓子です。紅花が描かれた美しいパッケージも上質感を演出します。
なかなか会えないからこそ、思いを込めたギフトは心に響くはず。「MOO:D MARK(ムードマーク)」では、今回ご紹介したもの以外にも素敵なプチギフトが揃っています。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選んでみてください!
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS