3. お好きなサラダを巻いて。にんじんクレープ

にんじんのペーストを混ぜると、クレープがきれいな色に仕上がります。こちらは生地に砂糖を加えず、牛乳や豆乳、にんじんの甘味のみ。甘味控えめなため、食事系のクレープとしても楽しめますよ。ディルやバジルなどのハーブを加えてもOK。全粒粉を使うと、粉の旨味が感じられるでしょう。

【牛乳なし】簡単おいしい!クレープ生地のおすすめレシピ3選

4. しょうゆ入り。黒豆とバナナの和風豆乳クレープ

米粉を使う、和風豆乳クレープです。生地の主な材料は、米粉と卵、豆乳。しょうゆや黒豆の煮汁を加え、トッピングの黒豆と合うよう風味を付けます。黒糖ソースにもしょうゆを加えると、生地とよく合うだけでなく、味が締まってコクがアップ。黒豆を混ぜたバニラアイスクリームを添えていただきましょう。

5. もちもち食感がたまらない。抹茶クレープロール

この抹茶クレープロールの生地は、牛乳だけでなく卵も不使用。材料を混ぜて焼くだけですが、抹茶の風味が良く、もちもち食感でおいしいですよ。つぶあんとホイップクリームを巻くほか、抹茶クレープにシナモンシュガーをかけるだけでも、生八ツ橋のように楽しめますよ。

6. チーズで旨味がアップ。食事系クレープ

食事系クレープにぴったりな、生地のレシピです。牛乳は使わず水で生地をのばし、あっさり味に仕上げます。具材を巻く前に、クレープをひと工夫。塗るタイプのチーズを塗ることで旨味がアップし、具材のおいしさが引き立ちますよ。野菜やスクランブルエッグ、ウインナーソーセージなど、お好みのものを巻いて召しあがれ。

【強力粉】簡単おいしい!クレープ生地のおすすめレシピ3選

7. 定番のおいしさ。チョコバナナクレープ

クレープのなかでも人気の、チョコバナナクレープ。粉類は強力粉のみを使うレシピです。もちもち食感の強いクレープ生地は、バナナとの相性がさらにアップ。26cmのフライパンで、大きめに焼くと巻きやすいですよ。カットする場合は、巻いてからクレープをよく冷やし、包丁を温めてから切りましょう。

8. 冷やすと美味。りんごコンポートのクレープ包み

りんごのコンポートは、味わいや食感がクレープによく合います。こちらは電子レンジを使うため、コンポートが手軽に作れますよ。強力粉のクレープは弾力があり、具材を包みやすいのが良いところ。包んでから冷蔵庫で5~6時間冷やすほうが、具材と生地がなじんでおいしいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ