3. 炒める

Photo by anrichiko

ホットプレートに調理用油大さじ1杯をひき、ヤンニョムに漬け込んだ鶏もも肉とさつまいもを炒めます。ホットプレートの温度は中火~強火の間です。

Photo by anrichiko

鶏もも肉とさつまいもに8割ほど火が通ったら、残りの野菜とトックを入れます。鶏もも肉を漬けていたヤンニョムも入れ炒めます。キャベツは火が通りやすいので最後に入れます。

3. ふたをして蒸し焼きにする

Photo by anrichiko

野菜に火が通ってから、ホットプレートの中央にスペースを作り、チーズを広げます。そのままふたをして1分ほど待ち、チーズを溶かします。

Photo by anrichiko

チーズが溶けたら完成です。

シメのおすすめアレンジ

焦げがおいしい♪ チーズタッカルビチャーハン

Photo by anrichiko

チーズタッカルビを少し残した状態で、ご飯を加え締めのチャーハンを作りましょう。ご飯に高菜と残りのチーズタッカルビと合わせて炒めれば完成。 韓国海苔もしくは日本の海苔をトッピングしてくださいね。

焦げたチーズと高菜がご飯に合い、食べ応えのあるひと品となります!もちろんキムチを加えてもおいしく食べられますよ。

チーズタッカルビ焼きうどん

Photo by anrichiko

ご飯の代わりに袋入りのゆでうどんを使うのもおすすめですよ。作る際は、うどんを600Wのレンジで1分ほど温めてから炒めると、麺にうま辛調味料ヤンニョムがよく絡んで絶品に!たっぷりのネギとキムチをトッピングしたら完成です。いつもの焼きうどんとは違った味を楽しんでくださいね。

おうちでも、チーズタッカルビを楽しむ♪

Photo by anrichiko

おうちで簡単に現地の味を再現できるチーズタッカルビ。ヤンニョムで鶏もも肉と野菜を炒めるだけで、本場韓国の味が楽しめます。ホットプレートで加熱しながら作ると失敗知らず♪ しっかり水分を飛ばすことで、お店の味になりますよ。食べ応えもインパクトもある人気の韓国料理を、ぜひ作ってくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS