関西地方の場合

関西地方の場合も、「7月中旬~8月15日」の期間中に贈ります。こちらも関東の影響を受けて年々早まっているため、7月中旬までには贈る方が増えているそう。直接挨拶に伺えない場合は郵送となりますが、便利な分、時期が遅れないように早めの手配が肝心です。8月15日までであれば「お中元」、それを過ぎて8月25日頃までであれば「残暑お見舞い」として贈りましょう。

九州地方の場合

九州地方の場合は、「8月初旬〜8月15日」に贈ることが一般的とされています。関東と比べて、丸1ヶ月遅くお中元の時期がやってきます。しかし九州地方もまた、年々早まる傾向にあり、7月中に贈る方も増えてきているようです。九州地方は地域ごとに違いはなく、全エリア共通してこの期間となっているため、贈るタイミングに悩むことはありません。お盆期間中となるため、贈り忘れに注意し、相手の都合も考慮して贈るようにしましょう。

沖縄地方の場合

沖縄地方の場合は、毎年旧暦の「7月13日〜7月15日」の3日間中に贈ります。いわゆる旧盆にあたる3日間となっており、この期間中にお中元を渡すことがマナーとされています。旧盆は毎年日付が変わりますので、事前に旧暦カレンダーでチェックしておくのを忘れずに。他の地域と全く異なりますので、マナー違反をしないよう要注意!

お中元の時期を逃してしまったら?

もしもお中元の贈る時期を逃してしまった場合は、「暑中お見舞い」もしくは「残暑お見舞い」として贈答品を贈ります。7月15日~立秋までは「暑中お見舞い」、それ以降8月末までは「残暑お見舞い」とします。立秋は毎年変わるため、カレンダーで確認しておきましょう。 ※2022年までは、8月7日が立秋です
また目上の方に贈る場合は、表書きを「暑中御伺い」もしくは「残暑御伺い」と書くようにしましょう。下記にそれぞれの贈り方をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

暑中見舞いの送り方

暑中見舞いの時期は、小暑から立秋頃までを差します。これは毎年異なる日付となるため、カレンダーで事前に確認しておく必要があります。地域によっては、小暑はお中元期間と被る場合もあるため、だいたいお中元時期が過ぎてから立秋までの間で贈る物を「暑中お見舞い」とします。表書きは、「暑中御見舞」もしくは「暑中御伺い」とします。
ただしこの基準は地域によって異なり、関西の場合は8月15日までが「お中元」、それ以降は「残暑御見舞」となります。

残暑見舞いの送り方

残暑見舞いの時期は、立秋~処暑までを差します。こちらも毎年日付が異なるため、カレンダーで事前に確認しておく必要があります。立秋を過ぎてから8月末までに贈る物を「残暑お見舞い」とし、表書きは「残暑お見舞い」もしくは「残暑御伺い」とします。
Photos:3枚
お中元の写真
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ