ライター : おいしいマルシェ

暮らしをちょっと楽しくする、おすすめのグルメ・スイーツ・ギフト、食にまつわるモノを厳選してご紹介。日本最大級のお取り寄せ情報サイト「おとりよせネット」が運営。

日頃お世話になった方へ贈りたい「お中元」。毎年、いつ贈ればいいのか迷っている方も多いのでは。また、実際にお中元をもらったけれど、いつお返ししたらよいのか分からない……、そんな方もいらっしゃるはず。実は地域によって時期が微妙に違うんです。そこで今回は、「お中元を贈る時期・お返しをする時期」について、分かりやすくご説明いたします♪

お中元の時期はいつまで?

お中元とは、お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈る「夏のご挨拶」です。そのため、お中元を贈る時期は、お盆期間に合わせて贈るのが一般的とされています。ただし、お盆の時期は地域によって異なることもあります。

日本は、明治時代に太陰暦から太陽暦に変わったことから、都市部のお盆期間は新暦に合わせた“7月盆”としています。しかし農作業が忙しかった地方では8月に入ってからの“月遅れ盆”であるところも多々あり、それぞれの継承文化によって異なっています。お中元を送る相手が住んでいる地域によって、贈る時期を決めましょう。

北海道地方の場合

北海道地方の場合、お中元を贈る期間は、旧暦にあたる「7月中旬~8月15日」と長く設定されています。1ヶ月と余裕がありますが、年々早めに贈る傾向があるため、7月15日に届くようにするとベストです。特に遠方から贈る場合は、日数がかかるため、早めに手配しておくに超したことはありません。

北陸地方の場合

北陸地方の場合は、エリアによって地域差があります。例えば、新潟県や石川県金沢市では「7月1日〜7月15日」の間に贈ることが一般的とされています。また、富山県や石川県能登町では「7月15日~8月15日」までとされています。このように北陸地方でも地域によって異なるため、可能であれば、贈り先の時期を確認しておくとよいでしょう。迷った場合は、7月15日を目安に届くように手配すると、間違いがありません。

東北地方・関東地方の場合

東北地方・関東地方の場合は、「7月1日~7月15日」に贈ることが一般的とされています。元々直接伺って挨拶とともに渡すことが習慣とされてきましたが、近年では配達による贈呈が多くなっています。お中元の配送は6月15日辺りから始まりますが、この時期は配送が集中するため、日時指定が難しいこともあります。相手の都合もふまえつつ、早めに手配するのがおすすめです。

東海地方の場合

東海地方の場合は、「7月中旬~8月15日」の期間中に贈ることとされています。しかし近年は関東の影響を受け、年々早まってきてるため、7月15日頃に届くようにすると確実でしょう。また、どうしても遅くなってしまう場合は、8月15日までであれば「お中元」として贈り、それを過ぎて8月25日頃までであれば「残暑お見舞い」として贈りましょう。

中国・四国地方の場合

中国・四国地方の場合も、東海地方と同じく「7月中旬~8月15日」の間で贈ることが一般的とされています。こちらも関東の影響を強く受けて、年々早まってきているため、贈り始めの7月15日頃に届くようにすると、間違いがないでしょう。配送時期は、多くの贈答品で混雑が予想されます。届くのが遅れないように、早め早めの手配を心がけましょう。
Photos:3枚
お中元の写真
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS