しら河のひつまぶし

2,800円(税込)

本店で数十年に渡り使い続けられているタレは、少し甘め。お米とうなぎのバランスを重視した、秘伝のタレです。お米にも、うなぎに負けない力強さを追求し、品質にこだわった国産銘柄米が使用されています。

お茶漬けの出汁は薄味ベースで、締めにぴったり。ほかの店と比べてリーズナブルに食べられるのが嬉しいですね。
店舗情報

4. 上品な雰囲気のうなぎ屋「有本」

Photo by ちゅん

一見、料亭のような雰囲気の店舗。においの管理を徹底しており、店内でも蒲焼きの香ばしいにおいがほぼしません。店内は明るく、高い天井と全面ガラス張りの窓から開放感を得られます。また、窓の外に植えられている小さな竹林も清涼感がありますね。

カウンター席では、板前がうなぎを焼く姿をガラス越しに楽しむことができます。

ひつまぶし

4,950円(税込)
お店の雰囲気も相まって、上品なひつまぶしがいただけます。おひつや器も美しく、おもてなしにぴったり。秘伝のタレが染み込んだうなぎは、備長炭でじっくり丹念に焼き上げられています。

また、ふっくら焼き上げられた白焼も大人気。高級オリーブオイルと島根県産の藻塩でいただけば、白ワインやスパークリングも進みますよ。
店舗情報

5. 落ち着いた雰囲気「う家」

Photo by ちゅん

趣のある和食料亭の雰囲気漂うお店。それもそのはず、カニ料理を提供するグループのうなぎ屋なのです。席が多く、それほど行列にはならない穴場店。

三簾仕切りの店内は落ち着いた時間が流れ、ゆっくりと食事をすることができます。カニ料理も同時に楽しめるので、幅広い層に親しまれていますよ。

ひつまぶし(大サイズ 約2/3匹)

Photo by ちゅん

3,520円(税込)
ふっくらと焼き上げられた、やさしい味わいのひつまぶし。追加用のタレが別で付いてくるのも嬉しいですね。自分好みに味を調整することができます。

懐石料理ではカニ鍋を一緒にいただけたり、天ぷら料理ではうなぎの天ぷらを楽しめたりと、一風変わった料理を堪能することができますよ。
店舗情報

6. 贅沢気分を満喫「鰻う おか冨士」

Photo by ちゅん

名古屋の中心、伏見駅のすぐそばにあるお店。何より、名古屋の芸どころ「御園座(みそのざ)」のすぐそばにあるので、歌舞伎と合わせて贅沢気分を満喫してはいかがでしょう?店内には歌舞伎役者のサインもあり、ファンならぜひとも立ち寄りたいところ。

普段使いできる席や、接待や慶事に利用できる個室もあります。平日でも行列ができ、お店の外に設置されたテントで順番を待つことになるので、ピークを避けた来店がおすすめ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS