ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

パンとスイーツのコラボ!濃厚プリンサンド

Photo by muccinpurin

「濃厚プリンサンド」298円(税込)
2020年5月26日(火)、ローソンから新作「濃厚プリンサンド」が発売されました。

甘いサンドイッチといえば、フルーツサンドやあんバターサンドが思い浮かびますが、今回サンドイッチの具材として選ばれたのはプリン!

スプーンですくって食べるのが定番のぷるんとやわらかなプリンが、パンに挟まるとどんな味わいなのか、気になりますよね……。

固めプリンをパンでサンド!

Photo by muccinpurin

発売日にローソンに行くと、サンドイッチ売り場でひときわかわいらしいパッケージの濃厚プリンサンドを発見!おなじみの透明なフィルムにプリンのイラストが描かれ、かなり目立っていました。黄色いデザインなので、一瞬「厚焼きたまごのサンドかな?」とも思いましたが、よく見るとプリンサンド。見間違ってごめんね。

普通のサンドイッチと比べてずっしりと重めです。それにしても、スプーンですくって食べるほどのやわらかいプリンを、どうやってパン挟んだか気になりますよね……。

Photo by muccinpurin

袋から出してみるとこの通り。プリンの形が崩れることなくしっかりとパンに挟まれています。離れてみると、厚焼き玉子サンドに見えなくもないような……。でもカラメルの香ばしい香りで、プリンが挟んであることを思い出します。

ホイップクリーム、プリン、カラメルロースの3層構成。パンの部分以外は完全にスイーツです。

Photo by muccinpurin

ちなみに、プリンの重さがあるので自立不可能。皿に出すときは、倒れないように寝かせておいてくださいね。

かなりしっかりとした固さのプリンなので、食べ応えがありそう……!

流行りの喫茶店プリン風

Photo by muccinpurin

プリンはかなり固めで、喫茶店の懐かしの味に似ていますね。カラメルソースをしっかりと焦がしているので甘すぎず、サンド全体の味をバシッと引き締めてくれています。メリハリのある味なので、食べ飽きることがありません。

ホイップ好きには残念かもしれませんが、この控えめなホイップの量もかなりいいバランスです。あまりホイップが多いと、プリンの味が霞んでしまいますからね。

Photo by muccinpurin

見てください。手で半分に割ってみると、プリンがこんなにくっきりと割れるんですよ。そのくらいしっかりとした固さです。卵たっぷりなので風味豊か、甘さ控えめでずっと食べていられそうです。

そして何より、スプーンがないと食べられないプリンを、ワンハンドで手軽に食べられるのが画期的じゃないですか?これなら時間がないときもサッと頬張れるし、おやつはもちろん、朝食にもぴったりですよ。

プリンよりも満足感あり!

パッケージのかわいさだけでなく、プリンの固さやホイップの量、カラメルの焦がし具合など、 “ただ挟んだだけじゃない” こだわりが詰まっていました。

パンと組み合わせることで満足度が高く、いつでもどこでも食べられる気軽さが加わったプリンの進化版といった商品です。

最近プリンブームにのって食べ比べも流行っているようですが、このプリンサンドのおかげでますます “プリ活(プリン活動)” がはかどりそうですね!

商品情報

■商品名:濃厚プリンサンド
■価格:298円(税込)
■カロリー:346kcal
■販売日:2020年5月26日(火)
■販売場所:沖縄地域の店舗を除く全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
Photos:6枚
ローソンの濃厚プリンサンドのパッケージ
ローソンの濃厚プリンサンドのパッケージアップ
皿にのせたローソンの濃厚プリンサンドを手で持った様子
ローソンの濃厚プリンサンドを皿に立てて手で支える様子
手で持ったローソンの濃厚プリンサンド
手で半分に割ったローソンの濃厚プリンサンド
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS