5. 火を使わずに!スタミナ焼きそば

Photo by macaroni

こちらはなんと、レンジで作る焼きそばです。野菜はお好みですが、こちらのレシピでは「アリシン」を含む玉ねぎやにんにく、ニラを豚ひき肉とあわせます。暑くて火を使いたくないときに活用したい調理法ですね。

6. 旨み凝縮。夏野菜ラタトゥイユ

Photo by macaroni

野菜の旨みを感じられるラタトゥイユ。色鮮やかな野菜は、抗酸化力の強いβ-カロテンが豊富です。こちらのレシピでは、最初にオリーブオイルで野菜を炒めます。β-カロテンは、脂質と一緒に摂ると吸収率が高まるとされているため、油で調理することで効率よく摂取できますよ。(※10)

7. 旬の野菜で。夏野菜豚汁

暑いときには、想像以上に冷たいものばかり食べていることがあります。胃腸が冷えてしまうと消化能力が低下する原因に。一食のうち、ひとつは温かいものを取り入れることが大切です。豚汁は根菜が定番ですが、なすやみょうがなども合いますよ。(※1)

原因を知って、夏バテ対策をしよう!

夏バテの原因は、屋外と室内の温度差による自律神経の乱れや、食欲不振による栄養不足。そのうえ、冷たいものばかり食べていると消化機能が落ち、悪循環に陥ることになってしまいます。バランスの良い食事を摂り、適度な運動と質の良い睡眠といった日ごろの生活習慣を整えることが、夏の崩れやすい体調を管理するのに大切です。

一気に暑くなり体がついていかない……ということにならないよう、夏バテ対策を取り入れてみてくださいね。
【参考文献】
(2020/06/09参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ