スターバックスが一部営業を再開!全国約850店で徹底対策のもと、営業を再開

スターバックスコーヒージャパンは、休業していた店舗のうち約850店舗で、5月19日(火)より営業を再開しました。地域ごとに営業の内容は異なりますが、以前より営業を継続していた店舗と合わせ、全国で約1,200店舗が営業しています。

2020年5月19日 更新

ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

スターバックスが一部営業再開!

スターバックスコーヒージャパンは、休業していた店舗のうち約850店舗で、5月19日(火)より営業を再開しました。地域ごとに営業の内容は異なりますが、以前より営業を継続していた店舗と合わせ、全国で約1,200店舗が営業しています。

また、一部の店舗は、入居する施設の休業等の都合により、引き続き休業となっています。現在の総店舗数は1553店舗(2020年3月末現在)。

安全対策について

安全対策として、飛沫防止ガードの設置や非接触型決済の推奨、ソーシャルディスタンスを保ったレジ列や席配置などが実施されています。

また、スターバックスに行く際は、最少人数での来店、マスクの着用、入店時の手指消毒など、安全対策への協力が求められています。

スターバックスの営業を心待ちにしていた人もいるのではないでしょうか?まとめ注文や、モバイル注文を活用するなど、安全・衛生対策に協力し、安心してスターバックスを楽しみたいですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS