2. ふわとろ~。卵入りナムルスープ

Photo by きたやまあさみ

お湯で鶏ガラスープの素を溶き、ナムルを入れてスープにするのもおすすめです。水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を加えれば、やさしい味わいに仕上がります。和食のメニューにも合いますよ。

ナムル以外!もやしとわかめで作るおすすめレシピ3選

低価格で低カロリーなもやしとわかめは、どんな料理にも合わせやすい万能食材。ナムル以外に活用できる、おすすめレシピをご紹介します。

1. さっぱり風味。もやしとわかめと鶏肉の生春巻き

もやしとわかめ、鶏むね肉、大葉入りの生春巻き。どんな具材もやさしく包み込んでくれるのが、春巻きのいいところですよね。トッピングに使う梅干しは、種を除き、果肉を叩いて潰しましょう。はちみつ漬けのような甘めタイプの梅が合いますよ。

2. パンチを効かせて。もやしとわかめのおつまみ風

和でせめたいときは、おつまみ風の和え物はいかがでしょう?もやしとわかめに桜エビを加えると、色合いや食感もアップします。味の決め手はニンニクポン酢。コクとパンチの効いたさわやかな味わいが特徴です。お酒のアテや箸休めにもぴったりなひと品に。

3. 食べ応えあり。もやしとわかめの肉巻き

もやしとわかめは、肉巻きの具材にもなるんです。味付けは、照焼き風に甘めのたれを絡めましょう。子どもも大人も大好きな肉巻きは、メインのおかずとしてはもちろん、お弁当に入れるのもおすすめです。

もやしとわかめのナムルで家事の負担を減らそう!

Photo by きたやまあさみ

韓国料理の定番メニュー「もやしのナムル」をアレンジした簡単レシピ「もやしとわかめのナムル」をご紹介しました。レンジでチンするだけであっという間に作れるので、品数が足りないときの救世主になること間違いなし!

日持ちするので、お休みの日に多めに作り置きしておくのもおすすめです。常備菜があるだけで、平日の家事の負担がグッと軽くなります。もやしとわかめはお財布にやさしいので、ご紹介したレシピを参考に、ナムル以外のお料理にもどんどん活用してくださいね♪

編集部のおすすめ