ライター : 戸田千文

愛媛県出身のフリー編集ライター。転勤族の夫・愛犬2匹とともに広島・東京・福岡と西へ東へ移動を繰り返しながら、各地でグルメ情報誌や観光ガイドブックなどの制作をお手伝いしていま…もっとみる

1. 行列必至の人気店!「薬研堀 八昌」

広島お好み焼きの名店といえば「八昌(はっしょう)」です。八昌で修業し、のれん分けした職人の店は東京をはじめ各地にありますが、広島に訪れたならぜひ本家の味をお試しください。

開店待ちの行列ができることもしばしばで、訪れるときは行列覚悟で時間に余裕を持つのがおすすめ。コの字型の広々カウンターに座って、お好み焼きができあがる様子を見るのも楽しみのひとつです。

そば肉玉

864円(税込)
おすすめの「そば肉玉」は、中華そば、豚肉、卵のシンプルなお好み焼きです。八昌では、じっくり火を通すため焼き上がりに20~30分ほどかかります。とはいえ、牡蠣などの鉄板焼きとビールを堪能していれば、待ち時間はあっという間。

熱々のお好み焼きを頬張ると、パリパリ麺と甘いキャベツに、黄身がふたつある二黄卵によるとろ~り半熟卵が絡み、口いっぱいに幸せが広がります。

牛タン

1,026円(税込)
お好み焼きができあがるまでの時間に、一品料理をどうぞ。おすすめは、広島の藻塩を付けて食べる「牛タン」です。鉄板でさっと焼く厚みのある牛タンには、うま味が凝縮されています。歯ごたえとともに楽しみましょう。

冬には広島名産の牡蠣の鉄板焼きが登場し、こちらも観光客に人気。ビールとの相性もぴったりです。
店舗紹介

2. お好み焼きを優雅に「みっちゃん 雅 そごう広島店」

広島のお好み焼き発祥のお店が「みっちゃん総本店」です。お好みソースやお好み焼きにそばを入れるメニューなどは、創業者の“みっちゃん” こと井畝満夫さんのアイデアと言われています。

観光客には王道のお好み焼き店といえる八丁堀本店が人気ですが、私のおすすめはそごう広島店にある「みっちゃん 雅(みやび)」。お好み焼きのほか瀬戸内の旬食材を、ワインや地酒とともにコース仕立てで味わえます。

雅 マーレ・ディップソース

1,550円(税抜)
創業70年を迎えた老舗の味は、生地や具材の配合から焼き方までこだわりがありますが、一番の味の決め手は、あっさりフルーティーなオリジナルソース。

この特製ソースに、タコやイカ、エビ、ホタテとトマトを加えた贅沢な「雅 マーレ・ディップソース」は、「みっちゃん 雅」でしか食べられない限定メニューです。

牡蠣の三種盛り

1,300円(税抜)
広島の海鮮グルメ代表といえば、牡蠣です。「みっちゃん 雅」では、牡蠣のマリネサラダや揚げ出しなど、さまざまなアレンジで楽しめます。

そこでおすすめしたいのが「牡蠣の三種盛り」。浜焼き、タルタル焼き、フライの3つがひと皿で味わえます。いろんな味で牡蠣を満喫したい人にはぴったりです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS