ライター : おいしいマルシェ

暮らしをちょっと楽しくする、おすすめのグルメ・スイーツ・ギフト、食にまつわるモノを厳選してご紹介。日本最大級のお取り寄せ情報サイト「おとりよせネット」が運営。

スイーツジャーナリスト/平岩理緒さん
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

15年前に渋谷で出会った、驚きの瓶入りプリン!

出会いは渋谷「東急百貨店東横店」の地下食品売り場「東横店 東急フードショー」でした。
「東急百貨店東横店」の上層階は、2020年3月末に閉店しましたが、「東急フードショー」を含む食品売り場は、今も営業を続けています。ここに2005年6月にオープンした「ラ・テール洋菓子店」の新業態店舗、「ラ・テール セゾン」で発見。当時、このような瓶入りのプリンは珍しく、スクリュー蓋付きというのも印象的でした。
何より驚かされたのは、とろとろのやわらかさとなめらかさ、そしてミルキーな味わい。うっすらと2層に分かれて見えるのは、ゆっくりと加熱する間に、乳脂肪分が自然と上に集まってくるため。
発売当初はグラス入りでしたが、15年ほど前から、現在の牛乳瓶タイプの容器に変更したそうです。スプーンを入れるとカラメルがふわっと上に上がり、プリンと一体になった味が楽しめます。

シンプル、かつこだわった材料と製法とは?

原材料は、卵、牛乳、砂糖、バニラの4種のみ。卵は、放し飼いされた健康的な鶏が生む、放牧自然卵の黄身を使用。一般的に、プリンには全卵を使用します。蛋白質の多い卵白が入ると、加熱凝固により硬めになりますが、卵黄のみ使用することで、とろとろの食感になるのです。
そして、北海道・美瑛(びえい)産のジャージー牛乳。ジャージー牛はイギリス領ジャージー島原産で、日本での飼養頭数は国内の乳牛の1%にも満たない希少な乳牛です。よく知られる白黒模様の「ホルスタイン種」より小柄ですが、その牛乳は濃厚で味わい深いのが特徴。
さらに、オーガニックシュガーと、マダガスカルのバニラビーンズを合わせて。通常よりも低温で、長い時間かけてじっくりと焼くのも、この食感を生み出す秘訣。工程がシンプルな分、素材の違いが明確に伝わります。6本入りでお取り寄せ出来るので、ご家族で召し上がるのにもぴったりです。

継承してほしい創業当時からの味

「東急百貨店東横店」の閉店後も、渋谷に行くと「東急フードショー」の「ラ・テール セゾン」で「大地のプリン”ウ・オ・レ”」が変わらず買えるのが嬉しい。
他にも「ラ・テール」のグループ店舗は増えましたが、東京都世田谷区・三宿の「ラ・テール洋菓子店」は、季節の花々や緑のプランターに彩られた「地元で長年愛されるお菓子屋さん」らしい雰囲気で、心がほっこりします。
「自然に生きる」という「ラ・テール」のコンセプトを端的に表現した「大地のプリン”ウ・オ・レ”」。これからも継承していってほしいと願います。
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ