サザエの保存方法

サザエの日持ち

サザエの日持ちは、夏場は1~2日程度、冬場は2~3日程度です。サザエは暑さに弱く、冷蔵庫での保存が一般的。一度ゆでて火を通したものであれば、冷凍庫で約1ヶ月間保存することもできます。ただ、腐敗臭や色の劣化が見られたときは、安全のために食べないようにしましょう。

サザエの保存方法

サザエを生の状態で保管する場合は、海水にいる状態に合わせるため、塩水に浸したキッチンペーパーや新聞紙に包みましょう。その際、サザエのフタはせずラップをふんわりかけるか、そのままの状態で冷蔵庫に入れてください。すぐに食べきれないときは、ゆでてから冷凍保存するのがおすすめです。

サザエのつぼ焼きで一杯いかが?

口いっぱいに広がる磯の香りと、肝のほろ苦さにファンも多い「サザエのつぼ焼き」。コリコリと歯ごたえの良い身は噛むほどに甘みが出てきて、お酒との相性も抜群です。にゅるんと肝が出てくる瞬間は、クセになりますよ♪

自分で捌けば、おいしさもひとしお。七輪がなくても、フライパンや魚焼きグリル、電子レンジでも簡単に作ることができるので、新鮮なサザエが手に入ったらぜひお家で試してみてくださいね。

編集部のおすすめ