4. アメリカンチェリーとブルーチーズのサラダ

サラダならさくらんぼを生のまま食べられて、まるごと栄養をとれる上、手軽に用意できるのでおすすめです。

こちらはブルーチーズと合わせたおしゃれなサラダ。ビタミンやミネラルが含まれ、栄養満点なチーズですが、実はビタミンCが含まれていない食品です。ビタミンCが豊富なさくらんぼと組み合わせることで、より栄養バランスが整います。(※14)

5. 初夏のフルーツときゅうりのサラダ

フルーツときゅうりを合わせた、爽やかなサラダです。サラダチキンをプラスすれば、たんぱく質もしっかりとれます。たんぱく質は肌の細胞やコラーゲンの材料となる栄養素。さくらんぼに豊富なビタミンCはコラーゲンの合成を促すため、たんぱく質とビタミンCは肌にうれしい組み合わせです。(※15)

栄養豊富なさくらんぼは料理にも大活躍!

さくらんぼはミネラルやビタミン、ポリフェノールなどの栄養が豊富。胎児の成長に関わる葉酸が含まれ、体を温める働きもあり、妊娠中の方にもおすすめの果物です。

ほかの果物に比べてカロリー・糖質が高く、食べ過ぎると下痢の原因になることもありますが、適量を守れば料理の材料にもおすすめの食材。そのまま食べるだけでなく、ぜひさくらんぼを活用した料理にチャレンジしてみてくださいね。
【参考文献】
(2020/03/25参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS