ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

インターコンチネンタル東京ベイでお花見アフタヌーンティー

Photo by 株式会社ベストホスピタリティーネットワーク

インターコンチネンタル東京ベイでは、桜の季節に合わせた2020年3月1日(日)~4月23日(木)の期間限定で、「O-Hanami(お花見)アフタヌーンティー」が開催されます。

桜舞う春の雰囲気をスイーツやセイボリーで表現したアフタヌーンティーで、お花見気分を味わってみませんか?

「O-Hanami(お花見)アフタヌーンティー」

春野菜を使った本格的なセイボリー

Photo by 株式会社ベストホスピタリティーネットワーク

じっくりと煮込んで甘みを引き出した「たまねぎのポタージュ」や、春を感じる菜の花を使った「菜の花とベーコンエッグのトルティーヤロール」など、甘いスイーツのあいだの小休憩に欠かせないセイボリーには、春に旬を迎える野菜を使っています。

隣接するフレンチレストランで作られた本格的な味わいなので、スイーツだけでなく、こちらだけでも充分楽しむことができそうです。

日本庭園を模した2種類のスコーン

Photo by 株式会社ベストホスピタリティーネットワーク

「さくらスコーン」と「抹茶スコーン」は、シックな黒いプレートに盛り付けられて大人の雰囲気。横に添えられた苔玉型の発酵バターを崩しながら、ディップしていただきます。

カジュアルなイメージのスコーンも、パティシエの手にかかればこの通り。まるで日本庭園のミニチュアを見ているようで、視覚的にも楽しめます。

桜と若葉をイメージしたプティ・フール

Photo by 株式会社ベストホスピタリティーネットワーク

プティ・ガトーには、白桃に桜の香りをまとわせたジュレを合わせた「桜のジュレ」、桜の花びらに見立てた淡いピンクのチョコレートコポーをのせた「フロマージュブラン」、いちごの板チョコレートと甘酸っぱいクリームでデコレーションした「ストロベリーシュー」など、パティシエが丁寧に作り込んだ桜スイーツの数々が並びます。

桜の花をイメージしたピンク色のプティ・ガトーのあいだには、抹茶を使ったグリーンでアクセントを。ピンクとグリーンのスイーツが、バランスよく配されています。

抹茶のメレンゲとシャンティークリームを合わせた軽い食感が魅力の「抹茶のムラングシャンティー」、もちもち食感の求肥に粒あんといちごをサンドして抹茶パウダーでデコレーションした「苺の最中」など、和素材を取り入れることで、味にバリエーションをもたせていて、最後まで飽きずに食べることができそうです。

春を先取り♪

アフタヌーンティーは、その時期に合わせた食器や盛り付けも楽しみのひとつ。パティシエやフレンチレストランのシェフが仕上げたセイボリーやスイーツは、宝石のような美しさで、見ているだけでも癒されます。

インターコンチネンタル東京ベイのアフタヌーンティーで、春をひと足先取りしてみてはいかがでしょう?

イベント詳細

■期間:2020年3月1日(日)~4月23日(木)まで
■場所:ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル 東京ベイ/1F
■提供時間:11:00~22:00(L.O.20:00)※営業時間は10:00~22:00(土日祝は9:00~)
■予約・問い合わせ:03-5404-7895(直通)
■料金:「O-Hanami アフタヌーンティー」平日/3,731円、土日祝/4,222円(※サービス料13%、税金別)
■メニュー:
【ファーストディッシュ】玉ねぎのポタージュ
【アミューズ・ブッシュ】たけのこのキッシュ、菜の花とベーコンエッグのトルティーヤロール、春野菜とスモークサーモンのシーザーサラダ
【特製スコーン】さくらスコーン、抹茶のスコーン(苔玉風発酵バター、自家製柚子のコンフィチュール)
【プティ・ガトー】桜のジュレ、抹茶のムラングシャンティー、苺の最中、フロマージュブラン、ストロベリーシュー
【お飲物(おかわり自由)】コーヒー4種、アイスコーヒー、アイスカフェオレ、アイスティー、日本茶2種、中国茶3種、チョコレート、クラシックティー3種、ハーブティー4種、フレーバーティー4種
【季節のティーセレクション(オプション)】サクラ、スリジェ、サクラ・ルイボス/各1,250円
Photos:4枚
インターコンチネンタル東京ベイのアフタヌーンティー
白い皿に並んだセイボリー
黒い皿に並んだスコーン
黒い食器にずらりと並んだ華やかなプチガトー
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS