ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

「咖喱屋ボングー」の第1号店がオープン

洋食歴40年のシェフが作るグルメカレー「咖喱屋ボングー」の第1号店が、 2020年2月27日(木)NEWoMan新宿2F エキソトにオープン!

「咖喱屋ボングー」のシグネチャーメニューは、 洋食を作り続けて40年のシェフが満を持して挑んだ贅沢ビーフカレーです。

フレンチの技法で作る本格的なデミグラスソースに、多種多様なスパイスを最上のバランスでプラス。さらに赤ワインでマリネしてから低温でじっくり煮込んだ、ほろほろの牛ほほ肉がたっぷり入っています。

「咖喱屋ボングー」の贅沢ビーフカレー3つのこだわり

1. スパイスが効いた “漆黒のルー”

味の決め手は、玉ねぎを飴色に炒め、小麦粉を焦げる寸前まで炒って作る “漆黒のルー” 。火入れ加減の見極めは、熟練した料理人の経験値でしか成し得ません。

そこに2種類のブイヨンや、カルダモンやクローブをはじめとした10数種類もの挽きたてスパイスを加え、手間を惜しまず48時間もの時間をかけて仕込んだ最高峰のルーです。

2. ほどけるやわらかさの “牛ほほ肉”

脂と食感のバランスがよい、牛ほほ肉を贅沢に使用。赤ワインと香味野菜、スパイスに一昼夜漬け込んでから低温でじっくり煮込むことで、 口に入れた瞬間ほろっとほどけるやわらかさに。かつ、噛むほどに旨みを感じられます。

旨み・甘み・粘りのバランスがよい “あきたこまち”

あらゆる品種を試行錯誤し、選び抜いた “あきたこまち” を、旨みを残すようにやさしく研いでから丁寧に炊きあげています。ひと粒ひと粒が立っている極上のライスは、カレーに寄り添いつつ、おいしさを倍増させる名脇役です。

おすすめメニュー

贅沢ビーフカレー(ビーフ 300g)

2,400円(税抜)
伝統的な仏料理の技法で煮込んだ牛ほほ肉を、たっぷりと使ったゴージャスなビーフカレー。やわらかく、噛むほどに旨みを感じる牛肉と、スパイスの豊かな香り、コクのある濃厚なルーは、やみつきの味わいです。

ルーは、熱々のスープボウルで別添えです。※同メニューに、ビーフ150g 1,600円、ビーフ450g 3,200円もあります。

カツカレー

1,600円(税抜)
濃厚な “漆黒のルー” とのバランスを考え選び抜いた、厚切りの豚ロースに粗挽きの生パン粉をまぶし、香ばしいカツに仕上げられています。カレールーのコクと、サクッとジューシーなカツの組み合わせが絶妙です。
Photos:7枚
咖喱屋ボングーの外観
咖喱屋ボングーの漆黒のルー
咖喱屋ボングーのほどける牛ほほ肉
炊き立てあきたこまち
咖喱屋ボングーの贅沢ビーフカレー
咖喱屋ボングーのカツカレー
咖喱屋ボングーの贅沢ビーフカレー
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS