至福のあんこスイーツを堪能。ホッと落ち着く大阪のカフェ5選 

あんこは日本古来から楽しまれる甘味ですが、最近では和洋どんなスタイルにも合わせられる万能ぶりでカフェスイーツとしても定番化してきました。そこで今回は、至福のあんこスイーツが自慢の大阪にあるカフェを5つ厳選してご紹介。温かい飲み物と一緒に、ホッとした時間を過ごしてくださいね。

2020年2月27日 更新

ライター : cafesnap

CafeSnapは“個性の光るカフェ”が探せる日本初のカフェ専用アプリ。 昔ながらの喫茶店、オシャレカフェ、話題のコーヒー店まで全国10000軒以上をご紹介。 訪れたカフェの記録を写真で残…もっとみる

この記事は、個性の光るカフェが探せる、写真共有型カフェアプリ「CafeSnap」の提供でお送りします。

餅匠しづく (西大橋)

Photo by Yui
和菓子屋とは思えない、まるでアートギャラリーのような外観の餅匠しづく。「お菓子で百薬の長を目指す」をテーマに、無農薬無添加のお餅が評判です。

なかでもフランボワーズ大福は、鮮やかな朱色が話題となり、何度もテレビで紹介されています。店内には茶寮のスペースがあり、大福とドリンクを楽しむことができます。
◆餅匠しづく (西大橋)
大阪府大阪市西区新町1-17-17 新町ハウス 1F
西大橋駅から徒歩4分

心斎橋焙煎所(心斎橋)

Photo by Noël
カウンターの奥に設置された焙煎機と、オリジナルブレンドのコーヒー豆が並ぶ渋みのある店内。心斎橋エリアでも数少ないロースターカフェが、心斎橋焙煎所です。

隣には同店が経営するたいやき屋さんの福八が併設。小豆と糖度にこだわるたい焼きは、同店2階のイートインスペースに持ち込み可能です。コーヒーと相性が良いあんこスイーツで、おやつタイムを満喫してみては。
◆心斎橋焙煎所(心斎橋)
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-1 1F
心斎橋駅から徒歩2分

OSARU COFFEE (難波)

Photo by ましゅ
「ゆっくりしてもらいたくてこの場所にコーヒー屋さんをつくりました」という想いをが込められているオサルコーヒー。難波の喧騒から少し離れた場所にある同店の特徴は、土足厳禁のソファー席。

自宅のリビングにいるような空間で、店主選りすぐりのコーヒーと軽食が頂けます。どこか懐かしいあんこがたっぷりのあんバタートーストは、寒い時期に食べたくなるおやつです。
◆OSARU COFFEE (難波)
大阪府大阪市浪速区元町1-7-15
JR難波駅から徒歩3分

たねや茶屋(梅田)

Photo by e l I
店内中央にある餅つき場が珍しい、たねや茶屋。全国にカフェを展開するなかでも、和菓子をゆっくり楽しめる茶屋はここだけです。

お餅の上にふっくら黒豆とあんこを載せた定番メニューから、たねや特製のオリーブオイルをかけて食べるお菓子まで、充実のメニューとなっています。ゆっくりと和菓子を楽しんで、心をほっと落ち着ける和カフェです。
◆たねや茶屋(梅田)
大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B1F
梅田駅から徒歩5分

talo coffee(大阪上本町)

Photo by s
平日は早朝7時からオープンしているtalo coffee。モーニングセットの選べるパンは7種類と目移りするラインナップです。こちらのおすすめは、あんバターサンド(珈琲or紅茶付)。

山パンからバターとあんこがはみ出るほどトッピングされています。公園に隣接した同店で穏やかな時間を過ごしながら、ほおばりたいお冬のおやつです。
◆talo coffee(大阪上本町)
大阪府大阪市天王寺区東高津町3-10 1F
大阪上本町駅から徒歩6分
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS