5. 旨みひろがる。そら豆の桜えび塩和え

乾煎りした桜えびの香ばしい旨みでそら豆を和えた、箸が止まらなくなりそうな桜えび塩和えです。春らしい色合いも旬の時期ならでは。おつまみにも、お弁当のおかずにも良いですね。

6. おいしさをとじこめて。そら豆とベーコンの蒸し炒め

素材の旨みをぎゅっととじこめたそら豆とベーコンの蒸し炒め。野菜そのものの水分だけで、ふっくらと蒸されておいしくいただけます。旬の時期のものは、蒸したり焼いたりといった素材の持つ味を活かす調理方法がおすすめです。

7. おもてなしにぴったり。そら豆のキッシュ

見た目からも季節を感じられる、そら豆を使ったキッシュ。ちょっとハードルの高めなキッシュは、パイシートを使って手軽に作ってみませんか?おもてなしやお祝いなどにもぴったりの華やかなひと品です。

旬のそら豆を存分に味わおう!

本来の旬の時期以外でも手に入る野菜が多いなか、そら豆はその季節にしか味わえない野菜。「そら豆のおいしい期間は3日」といわれるほど、鮮度が落ちやすい野菜なので、買ってきたら早めに調理するようにしましょう。

旬のそら豆には栄養がたっぷり。ぜひ新鮮なものを手に入れて、季節の味を味わってみてください。ただし食べすぎはお腹をくだすおそれがありますので、どんなにおいしくても適量で楽しんでくださいね。
【参考文献】
(2020/02/26参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS