途中下車してでも訪れたい。小田急線沿いの隠れたビストロ名店まとめ

ビストロはデートにもお友達との食事にもぴったり。今回、小田急線沿いの隠れたビストロの名店を厳選してご紹介します。お料理が絶品なのはもちろん、お店の雰囲気もよくゆったりとした時間を過ごせますよ。

2020年2月14日 更新
この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

途中下車してでも食べたい! 小田急線沿いの隠れた「名レストラン」まとめ

小田急線沿線のメジャーなグルメスポットといえば、オシャレなカフェやレストランの多い代々木上原や、カレー激戦区で洋食屋やイタリアンも多い下北沢を思い浮かぶだろう。

けれども、この両エリア以外にも、隠れた「名レストラン」がひっそりと佇んでいることをご存知だろうか。
今回は、そんな途中下車してでもわざわざ行く価値のある、小田急線沿線沿いの穴場レストランを紹介。いずれもふらっと立ち寄るお客を歓迎してくれる温かい雰囲気の店ばかりだ。

一人でも、友達とのグループ来店でも、気負わずに扉を開けて飛び込んでみてほしい。

ウマすぎる! 王道ビストロ料理が楽しめる千歳船橋『ビストロラドレ』

世田谷区・千歳船橋駅から徒歩3分ほど、『ビストロラドレ』は木の温もりが心地よい空間で、王道のビストロ料理が楽しめると近隣で話題のビストロだ。
お客のほとんどが注文するという「こだわり赤卵のウフマヨネーズ」(写真上)は、青森県産の赤卵を半熟に茹で、ねっとりとした黄身とトマト風味のマヨネーズソースが絶妙にマッチ。
またフレンチならではの濃厚ソースでいただく「フランス産うずらのファルシー」も丁寧な仕事が施された一品だ。名脇役の自家製パンとともにゆっくりと味わいたい。

BISTROT L’adret(ビストロラドレ)

住所:東京都世田谷区桜丘2-26-14 2F
電話番号:050-3463-1078
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間:18:00~22:30 (L.O.21:30)
定休日:不定休日あり 
諸事情により3月以降のネット予約を停止させて頂いております。お電話にてお問い合わせください。 1月より21:30ラストオーダーとさせて頂きます。21:30以降ご来店ご希望の際にはお電話にてご相談下さい。5名様以上のご予約はお電話にてお問合せお願いします。
上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

人気ビストロ出身シェフが作る自由なメニューとお酒を楽しむ、豪徳寺『ケトク』

豪徳寺駅にある『ketoku(ケトク)』は、東京・三軒茶屋の人気ビストロ出身の松岡シェフが開業した居酒屋風ビストロだ。
メニューはビストロ料理のほか、「イカの塩辛 コブミカンの香り」や「梅味玉子、インカの目覚め、鯖の生ハム」(写真上)など、国籍にとらわれない自由な料理が並んでいる。
松岡さんの出身地・秋田の郷土料理をフランス風にアレンジした「比内地鶏 だまこ鍋風煮込み」には、秋田の日本酒を合わせたい。
デザートとワインでバー的な利用もOKなので使い勝手もバツグン。ふらっと立ち寄りたい一軒だ。

ketoku(ケトク)

住所:東京都世田谷区宮坂2-26-4 1F
電話番号:050-3468-2707
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間:月~土 17:00~24:00 (L.O.23:30)
定休日:日曜日、祝日
上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

おいしさの秘密は低温熟成調理! 祖師ヶ谷大蔵のアットホームなビストロ『ヴァンアペロ』

『ヴァンアペロ』は祖師ヶ谷大蔵にある家族経営のアットホームなビストロ。同店の特徴は何といっても、“50℃のお湯で洗い70℃で蒸す”という「低温熟成調理」と呼ばれる調理法を多くの料理に施している点だろう。
その低温熟成調理を施したスペシャリテ「骨付き仔羊肉の黒胡椒ロースト」(写真上)は素材のうまみが増幅され、冷めてもやわらかい。
また同じく低温熟成された「エスカルゴのブルゴーニュ風」(写真上)も人気の前菜だ。
野菜の甘みを存分に引き出したオムレツやタルトなどのつめみメニューも豊富で、心も身体も喜ぶこと間違いなしの名ビストロだ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS