2号店が東京にオープン!地元の人に愛されるベーカリー「chigaya」

元ファッションスタイリストとしてNYで活躍していたという、仲山ちがやさんが辻堂にオープンさせて人気となったベーカリーカフェ「chigaya(チガヤ)」。その2号店が東京・台東区の蔵前にオープン!ドーナツや総菜パンなどの美味しいパンや、併設の素敵なカフェをご紹介します。

2020年2月13日 更新
この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。

地元の人に愛される人気のベーカリー

私は散歩が趣味で、特に知らない街を目的もなくフラフラと歩きまわるのが好きです。そこで気づいたことのひとつが、日常使いできるいいパン屋さんがある街は、いい街である確率が高いということ。

2014年に神奈川県の辻堂にオープンした「chigaya(チガヤ)」も、それを確信させる素敵なベーカリーです。オーナーの仲山ちがやさんは、ファッションスタイリストとして、NYで活躍していましたが、一時帰国したときに訪れたレストランの隣に、いい物件を発見。そこでベーカリーを始めることを決めたと言います。

「私は直感に従って生きているようなところがあります。もともと、いつかカフェをやりたいと思っていたので、いい物件に出会って、その時期が少し早まったという感じです」とちがやさん。

その直感は正しかったようで、辻堂の「chigaya」は大成功。ファッションスタイリストとしての経験を活かした、おしゃれなお店の雰囲気も相まって、湘南エリアの人はもちろん、おしゃれなものや美味しいものに敏感な人たちの間でたちまち人気となりました。

そして、2019年の暮れに2号店の蔵前店をオープン。こちらも、オープン早々、地元の人たちから愛される人気店となりました。

地元の人に愛されるパン屋を目指して

chigayaのラインナップは、シナモンロールやドーナツなどの甘いパンから、ピザパン、たまごサンドなどの食事系のパン。さらに、ケーキやクッキーなどの焼き菓子もありますが、ほとんどの商品が夕方には売り切れてしまう人気ぶり。

取材中も開店直後だというのに続々とお客様がやってきて、並べたばかりのパンが次々と売れていきました。

「最初は代々木上原とか、東京の西側の方に2号店を開こうと思っていたんですが、あのあたりはパン屋さんがたくさんありますよね。どうせなら、パン屋さんがあまりないエリアにお店を出して、地元の人に食べて欲しいなと思ったんです」とちがやさんは言います。
そんな地元密着型のベーカリーを目指したちがやさんの思いを象徴するほほえましいエピソードがあります。

チーズがたっぷりゴロゴロと入ったパンを、最初は「チーズパン」として売っていたそうですが、あるとき、常連客のお子さんが、このお気に入りのパンを「ゴロチ」と呼んでくれていることを知り、商品名を「ゴロチ」に変えたのだそう。

男性や年配の方が入りづらいような、かわいいだけのお店にはしたくなかったそうで、ちがやさんが集めたアンティークの家具や食器などで飾られた店内は、ぬくもりがあって、来た人を温かく迎えてくれる雰囲気があります。

併設のカフェでは、パンとコーヒーなどの飲み物をいただくことができるほか、ランチタイムには、パスタやカレーといった食事をいただくことができます(メニューはその日によって異なります)。

chigaya蔵前店でまずは買いたいおすすめ3選

同店のパンはどれも本当に美味しいのですが、悩みに悩んだ末、初めての方にまずは食べていただきたい、おすすめのパンをご紹介します。

売り切れ御免!看板メニューのふわふわドーナツ

chigayaの看板メニューとして開発されたのがドーナツ。揚げ上がりの時間が外の看板に書かれているのですが、待ちきれずに予約をする人、店内で今か今かと待つ人がいるほどの人気メニュー。

味はプレーンやシナモン、レモンクリームなど、日にちや時間によって種類が異なります。揚げ立てのドーナツは驚くほどふわふわ。

私はプレーンをいただきましたが、まぶしたきび砂糖の甘さが程よく、食感もふんわりとしていて重くないので、何個でも食べられそうです。

小麦の香ばしさがたまらない食パン

chigaya蔵前店では食パンやロールパンなどの食事パンも人気。取材中も焼き立てのパンを求めて、ご近所の方が次々と来店していました。通常の食パンのほか、ちがやさんが「耳をいつも残す主人のために作った」という、耳の薄いパンなど、店内には食べる人への思いがあふれたパンが並びます。

絶対に食べて欲しいキャロットケーキ

どのパンもケーキもおすすめですが、絶対に食べて欲しいのがキャロットケーキ。私が今までに食べたキャロットケーキは、ボソボソとしていたり、やたら甘かったりして、あまりいいイメージがありませんでした。

ところが、chigayaのキャロットケーキは、しっとりとした食感と程よい甘さ、そしてほのかなスパイスの香りがいいアクセントになっていて、やみつきになる味です。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS