上野広小路「ダ ジョルジョ」の釜焼きピッツァはイタリアも認めるナポリの味!

「da GIORGIO(ダ ジョルジョ)」はイタリア政府や在日イタリア商工会議所も認める美味しさ!イタリアの名店「スパゲッタータ」「ステッラ」で修行した店主をはじめ、本格派スタッフが勢揃い。生地の旨味を最大限に味わえる釜焼きピッツァが人気☆

本場イタリア人も認める美味しさ

文化的な香り漂う“上野・湯島”エリアで、ジワジワ人気が広がっているお店があります。それが、白と爽やかなパステルブルーが目を引くこちらのお店!
「da GIORGIO(ダ ジョルジョ)」
店内にはピッツァを焼く釜を備える本格派。店主は本場ナポリの名店「スパゲッタータ」「ステッラ」で3年もの期間、修行を積んだ腕前の持ち主です。

スタッフにもイタリア修行経験がある方がいらっしゃるそうで、その本場仕込みの味わいが認められAQIも取得しています。
ちなみに“AQI”とは…
AQI(Adesivo di Qualità Italiana)イタリアンレストラン品質認証マークは,イタリア料理の伝統的なレシピを遵守し、イタリアの文化とホスピタリティーをお客様にお伝えする努力をされているイタリアンレストランに在日イタリア商工会議所がその品質を認定させていただく機関認定です。

出典: adesivoqualita.com

店内にあるピッツァ釜は、レンガや炎などから連想されがちな赤茶色のイメージとは違い、お店とお揃いの白とブルーでキレイですね♪
シンプルだけれども洗練されているオシャレな空間は、デートや友人との食事などシーンを選ばずに足を運べちゃいます!

こだわりの“生地”と本場ナポリの窯焼き

こだわりの生地は、生地にかかるストレスを最小に抑え、半日ほど時間をかけて常温で発酵させます。季節によって酵母や水の温度、湿度などを細かく調整して丁寧に練られています。
ピッツァ生地ももちろんモッチモチ。特に耳の部分は「焼き餅」に似た弾力があって、日本人好みといった感じですねー。

出典: tabelog.com

ピッツァを食べなきゃ意味がない!

* 生地の旨味を存分に!『ヴェスヴィオDOC』
水牛のモッツァレラチーズとフレッシュなトマトにバジルを乗せてオリーブオイルをかけてます。
これがまた生地が軽くて甘味を感じる実に美味しいピッツァですよ!!!

出典: ameblo.jp

* 甘みと塩加減が絶妙『ピッツァミモザ』

特集

SPECIAL CONTENTS