3. トースターで簡単ふっくら。ぶりのにんにく大葉味噌焼き

Photo by macaroni

にんにくと大葉の香りが食欲をそそるひと品。

ぶりに含まれるビタミンB1には、糖質をエネルギーに変える働きがありますが、にんにくに含まれるアリシンはその働きを助けると言われています。ダイエット中のかたにおすすめの栄養素です。(※10)

4. ぶりとたたき長芋のサラダ

ぶりをさっぱりと食べられるレシピです。 ぶりに含まれる脂であるEPAやDHAは揚げる、焼くなど加熱調理をすることによって減ってしまう可能性があるので、余さず取り入れるには生のまま食べるのが一番の方法。(※11)

5. ぶりとかぶのオーブン焼き

オリーブオイルと塩こしょうでシンプルに食べるぶりのオーブン焼きは、素材の旨味が楽しめます。かぶの葉は抗酸化作用があるβ-カロテンが豊富なため、捨てずに食べていただきたい部分です。(※12)

栄養満点なぶりはダイエット中も上手に取り入れて

ぶりは脂質が多くほかの魚に比べて高カロリーですが、EPA・DHAなどの栄養が豊富なので、バランスよく食べればダイエット中も取り入れていただきたい食材です。 ただし調味料や油の使いすぎは、塩分量やカロリーが上がってしまう可能性があるので注意が必要。刺身で食べたり、汁物にしたり、焼いたりと、レシピのバリエーションが多いのもぶりの魅力です。電子レンジやオーブンも活用して、ヘルシーで簡単なぶり料理を楽しみましょう♪
【参考文献】
(2020/02/06参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS