キッチンの換気扇にまつわるQ&A。修理・交換費用についてご紹介

キッチン換気扇のリフォームを検討している人のために、交換時期や修理・交換にかかる費用などを詳しく解説!換気扇の種類による性能の違いや、寿命を延ばすためのお掃除頻度など、換気扇にまつわる疑問とその答えを一気にご紹介します。

2020年1月10日 更新
この記事は、DIYマインドを持ったオトナへ送るライフスタイルメディア「DIYer(s)」の提供でお送りします。
「キッチン換気扇の調子が悪い」「交換工事にはいくらかかるのか不安」など、換気扇まわりにお悩みはありませんか?

キッチンの換気扇は、空気を循環させる重要な役割を果たしています。故障して突然使えなくなる前に、寿命のサインとなる症状を知っておきましょう。

そのほかにも換気扇の平均寿命や種類ごとの特徴・電気代の目安など、キッチン換気扇にまつわる疑問とその回答をまとめています。キッチン換気扇のリフォームを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

キッチン換気扇の交換時期や寿命は?

まずは、キッチン換気扇を交換する時期や交換を検討すべき症状についてご紹介します。

寿命の目安は10年

キッチン換気扇の寿命は、一般的に約10年といわれています。どんなに気をつけていても、製造から10年近くたつと性能は徐々に落ちてきます。

もちろん、油を使った料理をすることが多い家庭や、十分なお手入れをしていない場合などは、10年たたずに寿命を迎えることもあるでしょう。

そのため、たとえ気になる不具合が出ていなくても、10年を目安に交換を検討したほうがよいでしょう。

故障箇所は主にスイッチかモーター

キッチン換気扇で故障が多い箇所は、スイッチとモーターです。スイッチ部分が故障する原因には、部品の劣化や接触不良が考えられます。

モーター部分が故障している場合は、そのまま使い続けるとファンが壊れる原因にもなるため、早めに修理や交換を依頼しましょう。

交換を検討すべきサインは?

キッチン換気扇の寿命が近づくと、以下のような症状が頻繁に起こるようになります。交換のサインと考えたほうがよいでしょう。

・吸い込みが悪く、十分に換気されない
・使用中に止まってしまう
・異音がする
・スイッチを押しても作動しない

このような症状が起きた時は、すぐに使用を中止して業者に点検を依頼することをオススメします。

工事費用の目安

キッチン換気扇を修理・交換する際には、部品の修理・交換で済む場合と換気扇自体を交換する場合とがあります。

・スイッチやモーターを修理する場合
スイッチやモーターだけが故障している場合は、部品の交換だけで済むこともあります。スイッチの本体価格は約2,000~5,000円、工事費は約10,000円が相場です。

モーターの場合は、本体価格が約6,000~9,000円、工事費は約10,000円が相場となっています。ただし、依頼する業者によって費用が異なるため、数社に無料見積もりを依頼して比較してみるのがオススメです。

・換気扇自体を交換する場合
古い換気扇は、修理用の部品が製造されていないことがあり、修理できたとしても高額な費用がかかってしまうといったケースもあります。

その場合は、換気扇自体を交換することになるでしょう。工法によって費用は変わってきますが、工事費の相場は約20,000円です。

そのほか、排気接続工事が必要になる場合は、さらに約10,000円かかります。また、既存の換気扇を解体・撤去する費用や、廃材処分費用がプラスされる場合もあるため、やはりこの場合でも事前に見積もりを取るとよいでしょう。

種類によって異なる本体価格!

本体価格については、種類や搭載されている機能によって異なります。キッチン換気扇の種類は大きく分けて、ダクトを通して排気するシロッコファンと、壁に直接取り付けられているプロペラファンの2つです。

プロペラファンの本体費用は約10,000~20,000円と比較的リーズナブルですが、シロッコファンは機能によって価格に大きく差が出ます。

乾燥機能のみが搭載されたタイプでは約15,000~60,000円が相場ですが、多機能な最新型タイプにいたっては200,000円以上するものもあるのです。

換気扇の位置や幅、予算などを考慮して選ぶようにしましょう。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

DIYer(s)

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう