コツ・ポイント

昆布を煮出す際には、強火で沸騰させないようにしましょう。中火でじっくり煮出し、ぐらぐらする前に昆布を素早く引き上げるのがポイントです。

作り方

1. かたく絞った布などで、昆布の表面を拭く

Photo by akiyon

布きんやキッチンペーパーをぬらしてかたく絞り、昆布の表面を軽く拭き取ります。旨みが逃げてしまうので、あまり強くこすらないようにしましょう。

2. 水に昆布を30分以上浸す

Photo by akiyon

鍋に分量の水を入れ、昆布を浸します。30分以上浸けることで、昆布の旨みが抽出されやすくなりますよ。

3. 中火にかけ、沸騰直前で昆布を取り出す

Photo by akiyon

昆布を浸け終わったら、鍋を中火にかけます。ぐらぐらと煮立つ前に、昆布を取り出しましょう。

昆布だしの完成!

Photo by akiyon

昆布を取り出したらすぐに火を止め、昆布だしのできあがり!昆布を水に浸す時間を除けば、比較的短い時間でできあがります。こす必要もなく簡単です。ぜひ毎日の家庭料理に活用してみてくださいね。

上手に保存して“だし”を活用しよう!

Photo by akiyon

作っただし汁は、よく冷ましてから冷蔵庫や冷凍庫での保存が可能です。冷蔵保存であれば、ガラス製のボトルなどに入れて2~3日で使い切りましょう。 また冷凍保存ならもう少し長く保存できます。製氷皿や冷凍用の保存袋に入れて冷凍し、使うときに解凍して調理に使ってみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ