ついにローソンからもサラダチキン登場! セブンイレブン版と徹底比較

ダイエッターの味方「サラダチキン」が、セブンイレブンのみならずローソンからも発売されました。名前も見た目も同じこの商品、どこがどう違うのか。気になったのでさっそく、徹底比較してみました。

ローソンとセブンイレブンの「サラダチキン」を徹底比較!

こんにちわnarumiです。
低カロリー・高たんぱく質を兼ね揃えた完全食としてダイエッターに大人気のサラダチキン。セブンイレブンで販売され、一時は品薄状態が続いたほどのヒット商品ですが、ついにローソンからも発売されました。

その名も「サラダチキン」とそのまんま。ローソン版サラダチキンの実力はどれほどのものか、元祖であるセブンイレブン版と徹底比較してみました。

ローソン版の見た目は従来からあるセブン版とまったく同じ。
こっちがセブンイレブン版です。同じですね。
ローソン版の栄養成分表はこんな感じです。125gのボリュームがありながら、カロリーを121kcalに抑えて、たんぱく質は26.5gも。優れたバランスで、やはり効率的にたんぱく質だけを摂りたい方には最適です。
こちらはセブン版。この恐ろしいまでの低カロリー・高たんぱく具合に誰もが歓喜したものです。セブンは栄養成分表示が100g単位なので、ローソンに合わせて125g換算で比較する必要がありますね。
栄養成分表示の比較表を作ってみました。セブンがわずかにカロリーが高いかわりにたんぱく質も多め。このへんはトレードオフという感じでしょう。

またローソンは炭水化物(糖質+食物繊維)の表示をしっかり分けているのが偉いです。

炭水化物の数字を見ると、セブンが異様に低いのですが、ここはもしかしたら糖質をカウントしていない可能性もあり、ローソンの方が信頼度が高いと言えるでしょう。
そして大事なパッケージ。ローソン版の特徴といえば、この2段切り口でしょう。なぜか上下2つあります。
ダイレクトに口に入れるなら下の段の切り口から開けましょう。こうなります。
逆から見ると、もうサラダチキンが丸見え。これは食べやすい。
セブンイレブンはローソンで言うところの下段に1つのみ。これが1つあれば十分なのでそんなに有意な差ではないかと思われます。

ただ気になったのは、真空のパツパツ具合。ローソン版の方がちょっとゆるいので、水分が下の方に貯まりやすい。これはつまり水分を切りやすく、こぼれにくいということにもつながるかと思います。
食べてみた感想としては、ローソン版はセブン版に比べてかなり柔らかいことに驚きました。柔らかいというか、ほぐれやすい。これは好き好きかと思います。がっしりと鶏肉の質感を味わいたい人はセブンに、柔らかさ重視な人はローソンに行けばいいと思います。

激しい運動をしたあとはセブンイレブン版を食べたいなと思うかもしれません。筋繊維が超回復する様が容易にイメージできる食感です。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS