ビールで乾杯はもう古い!? ワインと焼肉を楽しめる東京の「焼肉店」3選

焼肉といえばビール!というのが定番という人も多いと思いますが、実はワインと焼肉という贅沢を楽しむ人が増えているんです。今回は、東京でワインと焼肉を堪能できる焼肉店を3つ厳選してご紹介します!お肉の種類や味付けによって合うものが変わるんですよ。

2019年12月13日 更新
この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

焼肉にはワインが新定番! 東京の「オシャレ焼肉」まとめ

焼肉といえば、「とりあえずビール!」がお約束⁉

でも、極上の厳選「焼肉」を味わうのであれば、ビールの泡だけで胃袋を満たしてしまうのはもったいない! たとえば、塩やレモンでいただく焼肉には酸味豊かな白ワインを試してはいかが? また、サシがしっかり入った肉を甘辛いタレで食べる際にはパンチのある赤ワインがよく合いそうだ。

さらに日本ワインやビオワイン、スパークリングなどを組み合わせれば、焼肉の多様性はさらに広がり、その楽しみはより奥深いものとなるだろう。

ここでは、極上「焼肉」と「ワイン」の魅力を堪能できる人気の「オシャレ焼肉店」をまとめて紹介しよう。

【1】肉マニアが愛してやまない二大名店が最強コラボ! 『赤身とホルモン焼き のんき』

多くの肉マニアが一度は”登頂”したいと憧れる東京・吉祥寺の超人気店、『肉山』。そして、牛ホルモン人気の火付け役として知られる同系列の『ホルモン酒場 焼酎家 わ』。

この最強肉コンビのコラボ店として誕生したのが、東京・四谷にある『赤身とホルモン焼 のんき』だ。
「まずはこちらを」と店員が木箱の中身を見せてくれると、そこにはものすごいインパクトの肉塊が。その名も「塊」としてメニューインする特大の赤身塊肉は、『肉山』を一気に人気店へと押し上げた名物料理。お店サイドでじっくりと炭火調理し、カットしたものを運んでくれる。
撮影時の肉塊は長野県産のイチボ肉。赤身が美しいそのイチボを贅沢に分厚くカットし、濃厚な黄身が特徴の千葉・サンクトファームの「まことの卵」を使った醤油にからめていただけば、噛みしめるごとに幸福が押し寄せてくる。
そんなお肉をワインと一緒にほおばりたい! 同店では、『肉山』と『わ』と共通のオリジナルワイン「29赤(にくあか)」とスパークリングワイン「29泡(にくあわ)」をオンリスト。両店のオリジナルワインというだけあって、赤身肉やホルモンとの相性はバツグン。「焼肉×ワイン」のコラボをぜひ楽しんでみて!

赤身とホルモン焼 のんき

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

【2】悶絶級の「日本焼肉」は、ソムリエ厳選ワインでいただこう!『日本焼肉 はせ川』

東京・銀座にある『日本焼肉 はせ川』は、数寄屋造りの趣の中で、和食を極めた職人が和牛を厳選&調理。贅を尽くした「日本料理としての焼肉」を楽しむことができる焼肉店だ。
たとえば、夜の「平家コース」の場合、お通しから始まり、すり流しやお造りなど、懐石料理を思わせる品々が続いた後、“ミートアーティスト”と呼ばれる職人が自ら早朝卸業者に出向いて仕入れるという「最高級部位2種食べ比べ(*撮影日は厚切り芯タンとハラミ)」(写真上・左)が美しい器に乗って登場。
さらに、十勝産和牛のシャトーブリアンは、炭火でしっとりと焼き上げた後にトリュフ塩で味付け。

そのうえ、上からトスカーナ産黒トリュフをたっぷりと削りかけるというゴージャスな一品に仕立てている。
そんな極上「日本焼肉」に合わせるワインはグラスからボトルまでソムリエが厳選。クリュッグやサロン、シャブリ、オーパス・ワンやDRCなど、錚々たる顔ぶれがラインナップされているので、ここぞというハレの日でもしっかり対応してくれる。贅を尽くした日本料理×焼肉を心ゆくまで堪能したい。

焼肉×和食 日本焼肉 はせ川

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

【3】豊富な厳選ワインと極上肉のマリアージュ『WORLD DINER』

銀座の商業施設「キラリトギンザ」7階にある『WORLD DINER(ワールド ダイナー)』では、シックな店内で銀座の夜景を眺めながら特撰和牛焼肉を楽しめる。
なかでも注目したい看板メニューが、通称”肉の階段″と呼ばれる特撰牛の盛り合わせ。

取材時は、まず下段のブラックアンガス牛熟成肉から食べはじめ、中段の「厚切りタン」「ハラミ」、さらに上段の「トモサンカク」「イチボ」へと食べ進めていくメニュー。上段へとあがるに連れ霜降り度合いが増し、より希少で濃厚な味わいを堪能できる。
最上段に君臨するのは「熟成塊肉ステーキ」。スタッフがじっくりと焼き上げ、ひと口大にカットしてくれる贅沢な一品だ。
『WORLD DINER』のもう一つの名物が、ソムリエが厳選した豊富なワインたち。極上肉とのマリアージュを堪能できる。和牛が魅せるさまざまな部位の味わいとともに、ワインも飲み比べてお気に入りの一本を見つけてみてはいかが?
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう