プレゼントにも自分のご褒美にも! グルメな人がリピートするおいしいデカフェ

作家・マンガ家の小林エリカさんの仕事場にお邪魔して、日々の暮らしを拝見。ご自身のリラックスタイムはもちろんのこと、贈り物としても重宝しているという、お気に入りの「デカフェ」について教えていただきました。

2019年11月18日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。

私の暮らし、私の買物。〜小林エリカさん〜

心がときめく、かわいいパッケージ。大切な人に贈り物を選ぶときは、「プラ ド エピスリー」へ。

小林エリカさんの暮らしと買い物

敬愛するアンネ・フランクの古書や、初めての翻訳に挑んだ『アンネのこと、すべて』(ポプラ社)など。デスク周りにもアンネのポートレートが。アトリエの本棚には、必要なものだけを厳選。

敬愛するアンネ・フランクの古書や、初めての翻訳に挑んだ『アンネのこと、すべて』(ポプラ社)など。デスク周りにもアンネのポートレートが。アトリエの本棚には、必要なものだけを厳選。

「妊娠中の友達に何か贈り物をしたいな」そう思ったときに小林エリカさんが、駆け込んだのは地下1階の「プラ ド エピスリー」。ここは、コーヒー、紅茶そして調味料やジャムなど、世界の逸品のセレクトショップ。
「ちょうどそのとき、自分もデカフェを飲みたいと思っていたタイミングだったんです。友達も喜んでくれるかな、と思い探していました。ほかの店では、素敵なパッケージの商品がなかなか見つからなかったけれど、コレだ! というものに出合えたんです」。
そう嬉しそうに話す小林さんが一瞬でときめいたのは、ベルギーの高級コーヒーブランド<ヴァスコベロ・コーヒー>のドリップパック。どこか“お手紙風”にしつらえられたラッピングがチャーミング。ちょっとしたメッセージカードを忍ばせてプレゼントしても喜んでもらえそうだ。
<ヴァスコベロ・コーヒー>デカフェ(カフェインレスコーヒー)ドリップパック(2個入) 日本製 500円(税抜き)

<ヴァスコベロ・コーヒー>デカフェ(カフェインレスコーヒー)ドリップパック(2個入) 日本製 500円(税抜き)

「あっさりしていて酸味も少ないのでコーヒーが苦手な人でも、これならば楽しめると思います」
「食べ物は味わいももちろん大事ですが、“ジャケ買い”することがほとんど(笑)。コーヒーやお茶はしばらくパッケージのまま置いておくことも多いので、そのものが放つ見た目のかわいさは大切にしたい。
このデカフェは、体に負担が少なくて飲みやすいところが気に入っています。たくさん購入して友達に配っていますね」
「何か気の利いたものをプレゼントしたい」と思ったときに、相手の負担にならない価格帯のものや、ライフスタイルに寄り添ったものをさりげなく差し出せる小林さんのこまやかな気遣いはぜひ見習いたいところ。
「人にプレゼントするときは、迷いすぎて何にも買えないまま家に帰ってきてしまうこともあるんです。でも、伊勢丹地下1階に行くとリアルに素敵なものが見つかるので、本当に助かっています。
自分の趣味嗜好としては、豪華一点主義というよりも、細々としたものに愛着を持つことが多くて。そんな私の気持ちに応えてくれるものが見つかるのが嬉しいですね」
自分が納得したものだけを大切な人へ届ける。そうした、日々のささやかな買物にも、小林さんならではの揺るがない物差しがある。それは、仕事のスタンスにおいてもそう。
アンネ・フランクの生涯や放射能の科学史を辿りながら、歴史や目に見えないストーリーに思いを馳せ、長年探求しているテーマを丹念に紡ぐ。今年、本の出版や展示が待機している小林さんの活動が待ち遠しい。
パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

小林エリカさんのアトリエ拝見。

仕事に集中するべく、必要なものを厳選。
パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

(左)机の天板には、作品制作時に飛ぶ、黒いインクの痕跡が。「汚れるのを気にするよりも、絵を描くことにひたすら集中したくて」と小林さん。(右)白を基調としたシンプルなデスク周り。ヘッドフォンをつけて海外ラジオ「STUDI
O360」を聴き、最新のカルチャー情報を入手することも。
パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

過去に制作したドローイングを収納。
パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

絵付けに必要な道具も厳選。“見せない収納”をしてスッキリと。
パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

文房具をこよなく愛する小林さん。大好きで集めているレタリングテンプレートは、作品制作や手紙を書くときに使用。「手書きはデジタルと違い、やり直せないことがすごくいい。インクの滲みもいとおしいんです」
パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

イラストレーター前田ひさえさんと家にあるものを持ち寄り、揃いになったという<Noritake>のポットとカップ。仕事の手を休めて、ひとときのコーヒーブレイクを楽しむ。
パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

パリのキュリー研究所のドローイングや作品に関連したノート。

『光の子ども3』小林エリカ 著(リトルモア)。放射能の科学史を辿るコミックシリーズ。8月に待望の第3巻を発売。

プロフィール

小林エリカ作家・マンガ家
1978年東京都生まれ。2019年8月28日(水)~11月11日(月)、国立新美術館にてグループ展『話しているのは誰? 現代美術に潜む文学』に参加。9月~11月はロンドンでの展覧会に参加予定。
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう