茗荷谷「中勢以 内店」で熟成肉の贅沢な食べ比べ体験を楽しもう♡

東京・茗荷谷駅にある「中勢以(なかせい) 内店」は熟成肉ブームの火付け役といわれる名店。ショーケースから約8週間かけて熟成させた肉を選び、その場で食べ比べもできるという贅沢体験もできます!

熟成肉専門店「中勢以 内店」

東京・小石川にある6年前にオープンした「中勢以」は熟成肉ブームの火付け役といわれる名店。

そして、今回ご紹介する「中勢以 内店」は、その名店にレストランが併設したお店で。

ショーケースから約8週間かけて熟成させた肉を選び、その場でいただける精肉と肉惣菜の専門店。

お肉屋さんのような店内

店に入るとまずは完全にお肉屋さんのようなショーケースが見えます!そこから奥に行って扉を開けると別世界のようなシンプルかつおしゃれな内装のダイニングが。肉を食べることだけに集中できるようにに静かな雰囲気になっているとか。ショーケースで見ながら肉の特徴を知ってもらい、納得したら買ってもらうというのがこだわりだそう。

珍しいお肉も並ぶショーケース

ショーケース内にはなんともキレイなお肉の塊がすらりと並んでいます。この中から食べたい部位と量を店員さんと相談しながら選ぶこともできるそうで、店内で食べる場合でも、販売価格の1.3倍で食べられるというリーズナブルさ。
専門店ならではのイチボやシンシンなど、珍しい部位の熟成肉もあるのが嬉しいところ。少しずつ頼んで食べ比べも楽しそうですね!
店員さんと相談して量を決めると、キレイにトリミングされたお肉が登場します。これを見るだけでも期待値がぐっと上がります!焼き方にもこだわっていて、溶岩炭で丁寧に焼かれるので、余分なにおいが無くなり、より純粋な本来の味が楽しめるとか。

赤身がキレイな牛肉

溶岩炭を敷いたグリルでじっくり焼き上げたお肉は甘く、香りもすごく濃厚だそう。少しずつお肉がほぐれていくような感覚で、熟成肉ならではの食感を味わえるとか!
使われる牛肉は但馬の黒毛和牛を独自の製法で8週間かけて熟成させたものだそうです。サシの入ったサーロインは、甘味と程よい弾力が楽しめ、余分な水分が抜けて旨みだけが凝縮されたような感じだそう。シンプルな塩コショウでも十分楽しめる最高の一品。

熟成豚肉も

豚肉は南の島豚を使っていて、同じく約8週間ほど熟成させたもの。豚肉は水分が多く、牛肉より熟成させるのが難しいそうですが、うまく凝縮されていて、旨みが濃くなっているそう!

特集

SPECIAL CONTENTS