日本の優れたモノを再発見。「くらしのぎふと」が西武池袋にオープン

東京・西武池袋本店7階のインテリアギフト売場がリニューアル!日本の優れたモノを再発見する新編集売場「くらしのぐふと」が、2019年10月31日(木)にオープン。産地クローズアップのPOP-UPショップを都道府県ごとに毎月開催するなど、現地に旅したくなるような仕掛けが満載です。

2019年11月11日 更新

ニッポンのいいものを再発見「くらしのぎふと」

「くらしのぎふと」では、作り手とつながり、日本の新たな発見をテーマとした商品などが登場します。

愛媛県松山市『MUSTAKIV』

マリメッコで長年テキスタイルデザイナーとして活躍してきた石本藤雄氏がプロデュースを手掛けるショップのオリジナルアイテム。
(写真手前から)
砥部焼カップ M 呉須 3,000円
砥部焼皿 角 青磁ちらし 2,500円
砥部焼カップ S 青磁 2,500円
砥部焼カップ L 天目 3,400円

北海道札幌市『スティールレザーインダストリー』

札幌に工房を構えるレザーブランド。財布を中心とする革小物アイテムを職人による完全ハンドメイドです。
ヘキサゴン コインケース
蝦夷鹿革、絞り染め(写真左) 6,500円
外側<オレンジ>:豚革、内側<パープル>:牛革 6,000円

群馬県桐生市『平賢』

伝統の技を受け継ぎながらも新しい技術を取り入れ、「手捺染」という染め方で作る「桐生てぬぐい」の染工場です。
金箔てぬぐい 京綿 各4,500円

岡山県浅口市『岡山 デニムラボ』

ジーンズの洗いや、USED加工、染色を専門にしたメーカーが生み出すライフスタイルデニムブランド。
ジーンズペンケース 1,800円〜

旅につなげるPOP-UP商品 11月は鹿児島

さらに、地域産品により興味を持ってもらえるよう、各都道府県をひとつずつクローズアップ。第1回目の2019年11月は、「新しい上質」が鹿児島のライフスタイルから提案されます。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう