材料

Photo by akiyon

・だし汁……800ml ・酒粕……80g ・みそ……大さじ1杯 ・しょうゆ、みりん、市販の白だしなど……適量 ・鮭、たら、ほたてなどの魚介類……お好みで ・水菜、しいたけ、豆腐などの野菜類……お好みで

作り方

1. 鍋にだし汁を沸かし、みそと酒粕を溶かします

Photo by akiyon

みそと酒粕は、温めただし汁で溶かしながら加えます。とくに酒粕は溶けにくいので、少しずつ溶かします。しっかりと全部溶けたら味見をして、しょうゆやみりん、市販の白だしなどを加えて好みの味にします。

2. 具材を加えて煮込み、火が通ったら完成です

Photo by akiyon

だし汁ができたら、あとは具材を加えて煮込むだけ。具材に火が通ったら食べごろです。卓上コンロで具材を追加しながら、熱々を召し上がれ♪ お好みで七味とうがらしをかけると、さらにおいしく食べられます。残っただし汁にご飯を入れて、しめの酒粕ぞうすいも楽しんでみてくださいね。

家庭にある発酵食品を “ちょい足し”

Photo by akiyon

発酵鍋に使う発酵食品は、わざわざ買いそろえなくても家庭にあるものを “ちょい足し”するだけで作ることができます。今回ご紹介したもののほか、ヨーグルトや納豆、黒酢やワインなど、その種類はたくさん! 具材やだし汁、つけダレにうまく利用して、自分流の発酵鍋レシピを考えてみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ