こっくり上品な味わい♪「昆布だし」の取り方&活用レシピ3選

いろいろと種類があるだしの中でも、繊細で上品な味わいが特徴の「昆布だし」のとり方をご紹介します。使うのは水と昆布のみといったシンプルなものだけに、ポイントを抑えておけば、仕上がりに格段の違いが出るんです。とり方のコツに併せて、活用レシピも3つ登場します。

2019年11月7日 更新

じっくり煮出すが鍵!昆布だしのとり方(調理時間:40分)

乾燥昆布と昆布だし

Photo by mau_naka

昆布をじっくり煮出してとる昆布だしです。火にかける前に、しばらく昆布を水に浸しておくと、旨みをしっかり引き出すことができます。

材料(作りやすい分量)

昆布だしの材料

Photo by mau_naka

・水……500cc
・乾燥昆布……5g

コツ・ポイント

乾燥昆布は水の量に対して1%から2%を目安に用意します。切り込みを入れる必要はありません。火にかける前に30分ほど水に浸すことで、昆布の旨みをより引き出せますよ。

昆布を煮過ぎてしまうと、粘り成分が出て風味が損なわれますので注意しましょう。

昆布だしの取り方

1. 昆布を水に浸す

鍋の水に昆布を浸す様子

Photo by mau_naka

昆布の表面をかたく絞ったフキンで拭きます。鍋に分量の水を張り、乾燥昆布を入れて水に浸しましょう。

2. だしをとる

鍋を弱めの中火にかける様子

Photo by mau_naka

鍋を弱めの中火にかけ、10分から15分ほどかけてじっくり煮出します。
鍋から昆布を取り出したところ

Photo by mau_naka

煮え花が立つ沸騰直前、昆布を取り出します。沸騰すれば完成です。

昆布だしを使ったおいしいレシピ3選

1. まるごとゴロン!さつまいもの塩バター炊き込みご飯

黒ごまをふったさつまいもの炊き込みご飯

Photo by macaroni

調理時間:50分

【材料(4人分)】
・米……2合
・さつまいも……1本(300g)
・水……2合の目盛りまで
a. 酒……大さじ2杯
a. みりん……大さじ2杯
a. 塩……小さじ1/2杯
a. 昆布だしの素……小さじ1/2杯
・バター……20g

出典: macaro-ni.jp

ごろごろとしたさつまいもが入った炊き込みご飯です。分量の水とだしの素の代わりに、煮出した昆布だしを使えば、より繊細な味わいに♪ 仕上げにバターを合わせることで、香りがふわっと広がります。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう