2.「フライパンで簡単おばけナン」

Photo by macaroni

いびつな目や口がやけにリアルなおばけ型のナンは、手ごねで仕込む生地なので、子どもと一緒に楽しみながら作ることができますよ。生地作りから成形、焼き時間まで計算してもトータル30分ほどで焼きあがるので、ほかの準備が忙しいパーティーでも使えるレシピです。 生地に使うヨーグルトはメーカーによって水分量が異なるので、様子を見ながら調整してくださいね。生地がべと付くときは、打ち粉を多めにして作業してください。

3. 包む手間なし「ジューシーなすのおばけシュウマイ」

Photo by macaroni

あえて包まずに、たねに皮をかぶせて蒸した、おばけのような見た目のしゅうまいです。黒ゴマで目を付ければ、今にもふわふわと宙に浮いてこっちに飛んできそうな雰囲気に……! フライパンで蒸すので、特別な蒸し器を使わず手軽に作れますよ。 蒸している間に水分がなくなると焦げておばけが茶色く染まってしまうので、たまに様子を見ながら蒸してくださいね。

これでハロウィンの準備は完璧!

かぼちゃを使うだけでなく、ちょっとの工夫でかぼちゃやおばけに見立てるテクニックは、マネしたくなるものばかりでしたね。 どのレシピも簡単なので、子どもと一緒に楽しみながらハロウィンの準備をしてみてはいかがでしょうか?

編集部のおすすめ