豚肉のビタミンはなにがある?栄養を効率よく摂る方法を管理栄養士が解説

日々の食卓で使用することが多い豚肉。実はビタミンが豊富ってご存知ですか?豚肉と言えばカロリーや脂質、たんぱく質が取り上げられますが、こちらの記事では含まれているビタミンの働きや効果的な摂り方を管理栄養士が解説いたします。おすすめのレシピも紹介しますので参考にしてくださいね。

2019年11月22日 更新

7. 豚肉と玉ネギのココナッツカレー

ココナッツミルクやナンプラーを使い、仕上げにパクチーが入ったエスニックカレー。こちらのレシピに限らず、ポークカレーは、にんにくや玉ねぎを使うことが多いですね。

にんにくや玉ねぎに含まれるアリシンの作用でビタミンB1の吸収が上がる組み合わせは、日常の食卓でおなじみのメニューにありました。(※2)

8. 豚肉のワカメ巻き

豚肉とわかめを巻いて焼き、甘辛いタレを絡めてあります。切って竹串に刺せば見栄えがさらにアップ!

わかめに含まれるアルギン酸(食物繊維)には、整腸作用やコレステロールを下げる作用があると言われています。コレステロールが気になるかたに、おすすめのメニューです。豚肉は、脂質が少ない部位を選んでくださいね。(※12)

9. きのこのメンチカツ

青い皿に入ったメンチカツと千切りキャベツ

Photo by macaroni

調理時間:20分

たっぷりのしめじとしいたけが入ったメンチカツです。きのこでかさ増ししているので、ボリュームの割にヘルシー。

食物繊維やビタミンDなどを多く含むきのこですが、中でもしいたけに含まれるエリタデニンには、コレステロールを下げる作用が期待できます。(※13)

10. 具だくさん粕汁

大根や人参の根菜類のほか豆腐も入った具だくさんのかす汁です。

酒粕に含まれる難消化性たんぱく質には、食事で摂った脂肪やコレステロールを体外へ排出する作用が期待できます。コレステロールが気になるかたに、おすすめの組み合わせです。(※14)

豚肉で健康的な食生活を

豚肉を食べると元気になりそうと思っていたかた多いのではないですか?ここぞというときには、にんにくやニラをたっぷり組み合わせてみてくださいね。

豚肉のカロリーを気にして敬遠しているかたは、赤身が多い部位を選んで食べるといいですよ。ご紹介したレシピを参考にして、食材を上手に組み合わせたおいしくて健康的な食事を目指しましょう。

また栄養素は、過不足なく取り入れることが大切です。そのためには食材が偏らないようにしてくださいね。
【参考文献】
(2019/11/7参照)
【文】管理栄養士 / 白江和子

夫にそそのかされて、40代で管理栄養士の資格を取得。健康診断の仕事(内臓脂肪測定等)を不定期でしています。
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

meshiumadou

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう