「秋鮭とエリンギの炊き込みご飯」の作り方。アレンジレシピ5選も♪

風味良い秋鮭と食感を楽しめるエリンギを組み合わせたおいしい炊き込みご飯のご紹介です。にんにくバターで味付けをした鮭とエリンギは炊き込むとご飯に味がしみこみ、しっとりとした味わいに。どんなおかずにもマッチするよう薄味で仕上げた炊き込みご飯、ぜひお試しください。

2019年10月30日 更新

バターの香りが新鮮!秋鮭とエリンギの炊き込みご飯

食卓に並んだ秋鮭とエリンギの炊き込みご飯

Photo by ako0811

調理時間:30分(炊飯時間のぞく)

食欲そそるにんにくと芳醇なバターの香りがたまらない炊き込みご飯のご紹介。具材は秋鮭とエリンギで食べごたえがあり大満足なひと品です。パサつきがちな秋鮭はあらかじめ焼いて味をつけるのがポイントですよ。ほっこりやさしい味わいにご飯がすすみます。

材料(4人分)

鮭とエリンギの炊き込みご飯の材料が並ぶ

Photo by ako0811

・米……2合
・秋鮭……2切れ
・エリンギ……2本
・にんにく……1片
・みりん……大さじ2杯
・砂糖……小さじ1杯
・白だししょうゆ……大さじ2杯
・顆粒昆布だし……小さじ1杯
・バター……20g
・大葉……お好みで

コツ・ポイント

きのこは加熱すると水分が出てべちゃついてしまいます。鮭と一緒に先に焼いて水分を飛ばし、旨みをとじこめてから炊き上げましょう。先に焼くことで香ばしさが増し、奥深い味わいになりますよ。

作り方

1. 鮭ときのこをカットする

ひと口大にカットした鮭

Photo by ako0811

鮭は骨を取り除き、2~3cm角の食べやすい大きさにカットします。小さくカットしすぎると加熱したときに固くなるので少し大きめにカットするとよいでしょう。
カットしたエリンギ

Photo by ako0811

エリンギは縦に半分カットしてから、半分にします。少し大きめの短冊状にサイズをそろえてカットします。

2. お米を浸水させる

浸水させているお米

Photo by ako0811

お米はやさしく洗ってから30分ほど浸水させておきます。浸水させることで、ひと粒ひと粒にまんべんなく水分が入り、炊き上げた際にふっくらみずみずしい仕上がりになります。

30分浸水させたらザルに揚げて水気をきっておきましょう。

3. 鮭とエリンギを焼く

きのこを焼いて水分を飛ばす

Photo by ako0811

フライパンに分量外のサラダ油をうすくひき、みじん切りにしたにんにくを炒め香りを出します。香りがたったらエリンギを加え弱火でじっくり炒めましょう。ゆっくり加熱することでエリンギから水分が出て旨みが閉じ込められます。
鮭を追加して焼く

Photo by ako0811

エリンギから水分がでてきたら鮭を加えて両面さっと焼きます。
鮭とエリンギにバターで味付けする

Photo by ako0811

鮭に火が通ったら火を止めて、バターと砂糖を加えて余熱で溶かしからめます。調味料が入ると焦げやすくなり口当たりが悪くなるので、余熱で絡める程度で十分です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう