具材で冒険!アレンジ焼き餃子レシピ5選

1. パリパリ羽根つき!イタリアン餃子

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(2人分)】
・餃子の皮……12枚
・鶏ひき肉……100g
・バジル……4枚
・ミニトマト……3個
・玉ねぎ……1/4個
・にんにく(すりおろし)……小さじ1/2杯
・塩……小さじ1/4杯
・こしょう……少々
・水……50cc
・とろけるチーズ……40g
・オリーブオイル……大さじ1杯
・バジル……適量

出典: macaro-ni.jp

こぶりな羽根つき餃子は、食べやすく食感も楽しむことができます。チーズとバジル、トマトが入っていて、まるでイタリアンのようなおしゃれな雰囲気に仕上がります。あっさりした鶏ひき肉を使用しているので、軽く食べられそう♪

2. とろーり絡めて♪チーズタッカルビ餃子

Photo by macaroni

調理時間:30分
【材料(2〜3人分)】
・鶏むね肉……1枚
・キャベツ……1/4個(200g)
・塩……小さじ1/3杯
a. はちみつ……大さじ1杯
a. コチュジャン……大さじ2杯
a. ケチャップ……大さじ2杯
a. にんにく(すりおろし)……小さじ1杯
a. ごま油……大さじ1杯
・餃子の皮……26枚
・水……大さじ4杯
・とろけるチーズ……100g
・ごま油……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

チーズをたっぷり絡めていただく、チーズタッカルビ風餃子レシピです。はちみつやコチュジャン、ケチャップを入れた焼き餃子は、ヤミツキになる甘辛さが魅力。ホットプレートで作って、みんなでわいわい食べたくなりますね。

3. タレなしで旨い!さんま缶の羽根つき青しそ餃子

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(13〜15個分)】
・さんまの蒲焼き缶……2缶(240g)
・キャベツ……2枚(100g)
・大葉……5枚
・餃子の皮……15〜20枚
・水溶き小麦粉……80cc(水:80cc/小麦粉:大さじ1/2杯)
・サラダ油……小さじ1杯弱
・ごま油(仕上げ用)……大さじ1/2杯

出典: macaro-ni.jp

ひき肉がなくても大丈夫!急に焼き餃子が食べたくなったときは、いつもとひと味違う餃子を作るチャンスです。甘辛いさんまの蒲焼きに、大葉の風味が絶妙なアクセントになっています。にんにくやニラ不使用で、お弁当にもぴったりですよ。

4. カリカリテイクオフ!海老アボカドのチーズ羽根つき餃子

Photo by macaroni

調理時間:20分
【材料(2人分)】
・餃子の皮……12枚
・むきえび……15尾(120g)
・アボカド……1/2個
・卵……1個
・マヨネーズ……大さじ1杯
・塩こしょう……少々
・オリーブオイル……小さじ1杯(一般のフライパンの場合は、大さじ1杯)
・熱湯……50cc
・とろけるチーズ……30g
a. 水……大さじ2杯
a. 片栗粉……大さじ1杯
a. 塩……小さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

チーズと羽根つき餃子がお好きなら、ぜひこちらのレシピをお試しください!チーズで作った羽根は、カリカリ食感と、香ばしさがクセになるおいしさです。濃厚なえびとアボカドのあんで、焼き餃子の新しい可能性に出会えますよ。

5. カロリーオフで経済的!豆腐とツナのヘルシー肉なし餃子

Photo by macaroni

調理時間:60分
【材料(3〜4人分)】
・木綿豆腐……200g
・キャベツ……1/8個(120g)
・ニラ……1/2束(45g)
・ツナ……1缶(70g)
・餃子の皮……20枚
a. しょうがすりおろし……1/3片(小さじ1杯分)
a. ごま油……大さじ1杯
a. しょうゆ……小さじ2杯 
a. マヨネーズ……大さじ1杯
a. 片栗粉……大さじ1杯
a. 塩こしょう……少々
・サラダ油……大さじ1杯(フライパン用)
・熱湯……100cc
・ごま油……大さじ1杯(フライパン用)

出典: macaro-ni.jp

ヘルシーで経済的、しかもおいしい餃子レシピは見逃せません。お肉を使わず、豆腐とたっぷりの野菜を使った焼き餃子です。ツナの旨味と水切りした木綿豆腐で、ひき肉のようなコクが生まれ、満足感のある食べごたえになります。

王道からアレンジまで手作りの焼き餃子をこころゆくまで堪能♪

Photo by uli04_29

作って食べたい焼き餃子レシピは、見つかりましたか?少しでも気になるレシピがあれば、積極的にチャレンジしてみましょう。どんな焼き餃子が食べたいか、その日の気分によって、具材をアレンジするのも楽しそうですね。 新しい焼き餃子のおいしさを発見したいときは、思い切って缶詰や豆腐、アボカドなどを入れたアレンジ焼き餃子がおすすめです。王道の焼き餃子からアレンジ焼き餃子まで、思い思いに、おいしい焼き餃子をお楽しみください!

編集部のおすすめ