伝統のお祭りとグルメが大集結。「ふるさと祭り東京2020」が開催

2020年1月10日(金)〜19日(日)の10日間、これまで延べ400万人以上を動員した『ふるさと祭り東京2020-日本のまつり・故郷の味-』が東京ドームで今年も開催されます。12回目の開催となる今回も、伝統のお祭りとご当地の味が大集結します。

2019年10月11日 更新

今年も開催!「ふるさと祭り東京2020-日本のまつり・故郷の味-」

全国のお祭りとご当地の味が東京ドームに大集結!「ふるさと祭り」が今年も開催されます。食の人気コーナー「全国ご当地どんぶり選手権」や、ふるさと各地に伝わるお祭りがステージを彩る「お祭り広場」など、ご当地の魅力を伝える様々な企画が登場!注目のラインナップをご紹介します。

第11回全国ご当地どんぶり選手権

全国ご当地どんぶり選手権では、前回上位の3つのシードどんぶりと、2019年10月26日(土)、27日(日)に開催する予選会を勝ち抜いた11どんぶりの計14どんぶりが、お客さんによる食べ比べ(1杯500円)および投票により「No.1ご当地どんぶり」の座を競い合います。

シードどんぶり(前回上位入賞3どんぶり)

「のどぐろ丼」(島根県)

「のどぐろ丼」(島根県)

前回選手権にて上位入賞を果たした「のどぐろ丼」(島根県)、「志布志発 かごしま黒豚三昧」(鹿児島県)、「十勝牛とろ丼」(北海道)は、シードどんぶりとして東京ドームでの本選から出場!
「志布志発 かごしま黒豚三昧」(鹿児島県)

「志布志発 かごしま黒豚三昧」(鹿児島県)

予選会突破どんぶり(11どんぶり)

さらに2019年10月26日(土)、27日(日)の2日間、インテックス大阪で開催する予選会「全国ご当地どんぶり選手権 inツーリズムEXPOジャパン2019」を勝ち抜いた11どんぶりが本選に挑みます。

殿堂入りどんぶり(殿丼)

「うにめし丼」(北海道)

「うにめし丼」(北海道)

過去の選手権で2度のグランプリ受賞を果たした「うにめし丼」(北海道)、「八戸銀サバトロづけ丼」(青森県)は、その快挙を称え「殿堂入りどんぶり(殿丼)」として出展します。※投票対象外

ふるさとの祭りが盛り上げる「お祭り広場」

10日間で全国各地から20を超えるお祭り団体が集結!

『青森ねぶた祭』(青森県)

『青森ねぶた祭』(青森県)

「お祭り広場」では、勇壮な山車を豪快に曳き回す日本屈指の祭典『青森ねぶた祭』(青森県)や、巨大な山車を約150人の男衆が担ぎ上げる、四国三大祭りの1つ『新居浜太鼓祭り』(愛媛県)などが登場!
会場の様子

会場の様子

46個の提灯がついた重さ50kgの竿燈を自在に操る妙技の力強さが圧巻の『秋田竿燈まつり』(秋田県)では、実際に使用されている山車や竿燈を東京ドームに運び込み、ご当地同様の迫力ある演舞を行います。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう