高知産「シイラ」の刺身が美味すぎて感動 - みりん漬けや洋風にも

スーパーで「シイラの刺身」を買ったんですが、これが安いのに美味しい!脂がトロッとしていながらも、さっぱり・さっくりとした白身の身質も維持。白身魚のなかのトップクラスですね。高知を訪れた時は是非食べてみてください。

シイラの刺身がうますぎるので、思わず記事にしてしまいました。
グラム99円!
スーパーをうろうろしていたら、シイラの刺身が売ってました。刺身用、東京では見かけないですよね。
シイラはこんな感じの魚です。ちなみに英語では「dolphin fish」というそうな。ハワイでは「マヒマヒ」。
高知ではよく食べられる魚で、居酒屋にもシイラのフライや刺身が用意されていたりします。そんなシイラですが、スーパーだとえらい安いんです。なんとグラム99円!
生魚を大量に食べたかったので迷わず購入。「しょせん99円でしょー?」と思いながら口に運んでみたら、
なっ、なっ、なんですかこいつ。めっちゃうまいぞ!
脂がトロッとしていながらも、さっぱり・さっくりとした白身の身質も維持。白身魚のなかでトップクラスに好きですこれ。

シイラは大変優秀でして、みりん漬けなんかも超美味しいんです。「直七(なおしち)」という高知特有の柑橘を絞って朝ごはんに。
洋風もめちゃうま。この日はトマトソースで食べました。なんて優秀な子…!
ちなみにシイラは皮に毒がある&寄生虫のリスクがあるそうで、処理には注意が必要だとのこと。
この釣果の恩恵を受ける頃には、ゴロンとした肉塊になっているのだが、シイラは皮を剥ぐ時に「皮膚面に毒性の粘液」を持つため、処理後はまな板をよく洗浄してから切り身にしていく。

釣果があったその日中に頂くので、新鮮さは勿論MAXであるし、新鮮なブツほど寄生虫の危険にも晒されると言うことから自己責任で食べる魚と言って良さそうだ。処理を誤らなければ、シイラほどの魚は白身で脂も乗って実に美味しいし、刺身で戴くと「カジキマグロ」と良く似た味にも思える。

出典: blog.goo.ne.jp

事前にシイラ、刺身とネットで調べたら危険の文字があったもののクーラーBOXに氷も入っていて保管もバッチリだったので気にも止めませんでした。。。

それがいけなかった(‘・c_・` ;)

翌日、トイレから離れられない状態に…下半身は常に緊張状態

幸い子供にはシイラを食べさせませんでしたのですが嫁ちゃんも同じ

運命に…昼位から倦怠感、悪寒、吐き気、関節痛の症状が…

出典: www.fimosw.com

全国的に獲れる魚ですが、高知ではローカル食材として人気がじわじわ出てきているそうな。いやー、これたしかに刺身めちゃくちゃうまいですもん。カツオのたたきとシイラの刺身を買うだけで人生幸せになりそう。
高知ではカツオなど他の魚のかげに隠れていたシイラですが、最近になって産地発の「シイラのおいしさをもっと知ってもらいたい!」という動きが強くなっています。そして、ぞくぞくと誕生しているのがシイラを使ったご当地グルメです。

シイラのフライを挟んだ「シイラバーガー」、シイラでスープを取ってシイラフレークをトッピングした「しーらーめん」は、すでに高知で話題を集める逸品へと成長しました。産地では他にもいろいろな試作品が作られており、シイラの可能性は今まさに拡大の一途をたどっているのです。

出典: www.kochi-marugoto.pref.kochi.lg.jp

どうぞみなさま、高知を訪れる機会があったらシイラのお刺身をぜひ。高知はカツオに始まり、ウツボ、マンボウ、クエ、どろめ(生しらす)、のれそれ(アナゴの稚魚)などなど、おいしいお魚がたくさん出回っていて幸せです。

特集

SPECIAL CONTENTS